わが動的平衡とレジリエンスの思索日記

直腸がん、C型肝炎が完治し、これからが今までを決める、、という身の処し方を綴る
TOP乾癬治療の思索行 ≫ 乾癬の初診

乾癬の初診

昨日16時過ぎに乾癬の初診を受けた。
クリニックの場所がわからず、
15分遅れ、しかも保険証も忘れていた。

待合室には4・5人くらい
アトピー系の患者さんたちがいた。

書棚に「夜と霧」があって、
統合医療のイメージと重なった。

問診票をみながらM先生は、
「だいぶ乾癬のことを調べているのようですが
 ここへの目的は?」と聞かれ

「より適切な漢方を処方してもらうことと
 紫外線の光線治療をするために来ました」

と伝えた。

次の予定があって時間がないので、
次回までに処方箋を検討していただくことに
なった。
ビールやグルテンのことを訊いても
うなずくだけで、
ただ「甘いものの取りすぎもいけません」と
いわれた。。

乾癬は粗食になれば改善するということなのだろう。。

光線治療は立ちながら全身を照射、
体の背面と前面と各1分くらいを照射した。。

これにより皮膚の新陳代謝の周期が遅くなり
正常レベルに近づく可能性があるようだ。

正常な皮膚の代謝は
3週間くらいで代謝されることになるがとなるが、

乾癬の場合は数日で代謝してしまう。

であるなら、、
今晩は風呂に入るのをやめようと決めた。

風呂に入り、垢を出してしまうと、
せっかく照射した意図とに
逆効果してしまうからだ。

夜寝ていて、背中があちこち微妙な、かゆみ、
うずきに見舞われたが、どうにか耐えられた。。

代謝にブレーキをかけるかゆみと思うことにしよう。

今夜は風呂に入り、
明日の昼2回目の光線治療を受けることにする。。

そして一月ほど光線照射を試してみようと思う、、
さて、どうなるか


大腸がん ブログランキングへ

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

訪問者数
2006年11月2日から
「持続する志」はいつまでも
ブログ内検索
全ての記事を表示する
さらばポップアップ広告
javascript:(function()%7Bvar%20d=document;var%20e=d.createElement('SCRIPT');e.setAttribute('language','JavaScript');e.setAttribute('src','http://s6.ql.bz/~mamiya-shou/bm/invalidFloatAd.min.js');e.setAttribute('charset',%20'UTF-8');d.body.appendChild(e);%7D)();