わが動的平衡とレジリエンスの思索日記

直腸がん、C型肝炎が完治し、これからが今までを決める、、という身の処し方を綴る
TOPその他、諸事雑感 ≫ 進む体質改善

進む体質改善

現在、私が行っている治療行為といえば「ウルソ」を飲むことだけです。
肝臓によさそうな健康補助食品をとってはいません。

1日6錠(600mg)を朝昼晩と食前に飲むよう、心がけています。
が、ついつい忘れていたり、します。

2年ほど前から、強力ミノファーゲンも注射していません。
注射しても、あまり意味のないGPT値50くらいを漂流している状態だからです。

目下、最強の治療法である「ペグインターフェロンとリバビリンの併用療法」も、行ないません。
余裕ないですし、仮に行なっても、私の場合肝臓からウィルスが消失することはないだろう、と推測するからです。

次の「ペグインターフェロンとリバビリンとプロテアーゼ阻害剤の三剤併用療法」が本格的に始まるまで、ひたすら待つつもりです。
ですので、現在闘っているお仲間のように、肝炎治療に励んでいるとはいえません。

人気blogランキングへ

このような状態であってもウルソの服用とバランスのよい食事と通勤自転車の励行で、次のような変化が表れ、ゆるやかな体質改善が進んでいる、と感じています。

1)実は、私は肝炎のほかに「尋常性乾癬」という皮膚病を抱えていて、例年冬になると、体中がかゆくなり、おでこが異様に赤らんだりします。が、今のところその症状は出てきておりません。

2)11月に入ると、下着の長袖を着たくなるほど、寒がりなのですが、今のところ半袖で十分です。

3)なんといっても、ウエストが84cmから79cmくらいにまで、細くなり、ベルトを短くカットしました。昔着ていた服の方が丁度よくなって来ました。これはとても気分がいいです。

肥満は肝炎の進行の悪化に拍車をかけるといいますので、こうした体質改善は、悪化を抑制するとみます。

そうして、いざ「三剤療法」を実行する暁には、ウィルス除去に向けて「著効」の体になっている!と強く信じるものです。

Comment

編集
私は上記の、肝臓専門医、アンダーラインの先生にかかっています。週に1度、地元の病院にみえます。年齢的に私と大差はないと思いますが、数年前から助教授の座なんです。説明は特になく次回の予約を取る・・・が繰り返し2年になろうとしています。以前のドクターは消化器外科でしたが説明はキチンとしてくれましたし将来の推定もしてくれました。失礼ですが、今のドクターは本当に肝臓医?助教授?と疑ってしまいます。一般内科医で充分と思ってしまうんです。12月には受診の予約があります。人柄が温和で優しい口調なので通えちゃうんですね、私。
2006年11月25日(Sat) 20:39
凄くよく調べられていますね
編集
初めまして、お仲間アンテナにようこそ、ご挨拶出遅れてスミマセン。
疑問点はあらかた調べられているようなので特に書く必要もないのですが、以下私の認識を書いておきます。

難治性はジェノタイプ1bで高ウィルスの事です。
高ウィルスの堺は100KIU
、このあたりにすっきりまとめられています。http://www.hayasaka-clinic.com/hepatology/hepatitisc/肝臓専門医の一覧は
http://www.jsh.or.jp/nintei/pdf/kantou.pdf
VX950(プロテアーゼ阻害剤)についてはまだ海外でフェーズ1の治験状態でいつごろ日本で認可になるかは予測できない状態のようです。
ただし現状では嘔吐などの副作用が強いという文章がちらほらと散見されます。

ヘパリーゼは肝臓そのものを加水分解したもので肝臓の再生を助けます。

ウルソは胆汁を増やす薬でそれにより肝臓の働きを助けます。

以上間違いがあれば指摘してください。まずはごあいさつまで。
2006年11月20日(Mon) 02:07
ノンレスポンダーだがレスポンスは真剣に前向きな57歳♂。
編集
11月2日 飯野先生みたいな専門医は、稀有なのです。
→その通りです、3回お会いしました。
11月8日 閑話休題の位置について。
→とは文章で、余談をやめて、話を本題に戻すときに、接続詞的に用いる語。
なので、募金の話の後に本題(肝炎)に戻る=閑話休題では、と思いますが、、
(かくいう私も老婆心ながらと書いて、お婆さんだったのですかと言われた事あり)
11月10日PCR100の意味は、アンプリコアPCR定量法で100KIUでしょうか?
本日はブログの簡単な感想・質問にて失礼します、本話近日上映乞うご期待。
2006年11月19日(Sun) 20:46
編集
私が今、摂っている健康補助食品は2種類ですが、試験の一夜づけみたいに採血1週間前から採血態勢に入るんです(主人に毎日励行と怒られます)1種の補助食品は高値ですが本当に良いと思います。もう1種はどこのドラックストアで売っている品物。どちらもネットで2~3割引きで買い送料無料です。 私は8年前から初夏~夏の終りまで身体に痒みが出るんです。今年も同様で毎年、軟膏や内服薬のお世話になりましたが、他の人には勧めて自分ではしなかった、フラワーエッセンスを服用してみました。皮膚=浄化の問題なんです。なんとなく判る気がします。
2006年11月17日(Fri) 22:02












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

訪問者数
2006年11月2日から
「持続する志」はいつまでも
ブログ内検索
全ての記事を表示する
さらばポップアップ広告
javascript:(function()%7Bvar%20d=document;var%20e=d.createElement('SCRIPT');e.setAttribute('language','JavaScript');e.setAttribute('src','http://s6.ql.bz/~mamiya-shou/bm/invalidFloatAd.min.js');e.setAttribute('charset',%20'UTF-8');d.body.appendChild(e);%7D)();