わが動的平衡とレジリエンスの思索日記

直腸がん、C型肝炎が完治し、これからが今までを決める、、という身の処し方を綴る
TOPその他、諸事雑感 ≫ がんの手術前に

がんの手術前に

2010年5月25日の手術する二週間前に
西新宿にある有名な不妊治療の
クリニックに行った。

家内の要望だった。

手術そして抗がん剤治療をしたら、

私の子種の催奇形性が心配だ、

なので、
採取してきなさい、

と厳命されたのだ。

そもそも、
正常な子種が少ないので
余計、心配されたわけで、。

その採精する部屋を
メンズルームというんだ、と
教えてくれる人がいた。

たしかにその名のとおりだ。

が、説明はしない。



試験管で三本採取した。

ところが、
それでは足りないから
もう一回行けと、厳命され、

後日さらに二本採取した。

計5本、それを冷凍保存したのだ。


けど思った、
がんで先に逝ったら、

戸籍はどうなるのだろう、、と。

法律は医療技術の成果を
踏まえてはくれない
はずだから、だ。


そんなことを思い、、


忘れていて、、


突然の行幸となった。


昨日今日の、

東京の日の出は美しかった。

太陽凝視をした。

生命の誕生とは、
日の出と同じだなぁ、と感じた。


で、そのとき思った。

これでいいのだ、と。


がん・腫瘍 ブログランキングへ

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

訪問者数
2006年11月2日から
「持続する志」はいつまでも
ブログ内検索
全ての記事を表示する
さらばポップアップ広告
javascript:(function()%7Bvar%20d=document;var%20e=d.createElement('SCRIPT');e.setAttribute('language','JavaScript');e.setAttribute('src','http://s6.ql.bz/~mamiya-shou/bm/invalidFloatAd.min.js');e.setAttribute('charset',%20'UTF-8');d.body.appendChild(e);%7D)();