わが動的平衡とレジリエンスの思索日記

直腸がん、C型肝炎が完治し、これからが今までを決める、、という身の処し方を綴る
TOP読書と映画のこと ≫ 近赤外線でがん細胞を退治する!

近赤外線でがん細胞を退治する!

おとといの毎日新聞に出ていたが、

がん細胞を近赤外線で退治する方法が実用化しそうだ。

マウス実験で8割の効果が出たという。


既存の放射線治療の一種ではない。

正常細胞にダメージを与えないからだ。



近赤外線をあてるだけで

他の細胞を傷つけずにがん細胞だけを退治することができるらしい。

米国立衛生研究所(NIH)の
小林久隆主任研究員らのチームがマウスを使った実験で成功した。

チームが開発した方法は副作用が小さいとして、
2~3年以内の臨床応用を目指している。


チームは、がん細胞にあるタンパク質と結び付きやすい「抗体」に、

特定の波長の近赤外線で発熱する化学物質を取り付け、

悪性がんを移植したマウスに注射した。


悪性がんを移植したマウスは通常、18日以内で死ぬが、

この抗体を注射したマウス10匹に

近赤外線を4週間に1回、計4回照射すると

うち8匹でがんがほとんど消滅し、1年以上も生存した。


がんの再発もなかったという。

末期がんにも効果があるとみられている。


近赤外光は可視光線より波長が長く、0.7マイクロメートルあり、目には見えない。

でも太陽光には近赤外光はあるわけで、

太陽凝視をすれば、近赤外光も体内に入ってくることになるのだろうな、、、



ともあれ、いい話だ。

ようやく医者に、
ガンを治せる時代がおとずれるのかもしれない、、

しかし

食事によって、
細胞から元気にしないと、
根本治癒にはならない


という思いは依然、変わらない。



Comment

コメントありがとうございます
編集
たんこさんのプロフィールを読ませていただきました。
「余命告知拒否宣言」という切り返しをリスペクトします。
深い知恵ですね、

私の場合も、ガンに感謝する気持ちがあります。

人体の60兆個の細胞の一つ一つに感謝する気持ちがあります。

体を洗うときも、できるだけ垢を出さないように
さらっと洗うようにしています、、
2011年11月29日(Tue) 19:40
追伸です。
編集
追伸・・・私のプロフィールです。先のコメントにURL貼りつけたところ英数字の比率が高くスパムと判定と出てしまいました。追加します。mhttp://my.chiebukuro.yahoo.co.jp/my/tanko1213
2011年11月22日(Tue) 21:52
はじめまして。
編集
はじめまして。4期大腸がんから3年7ヶ月。元気に生活しています。ブログ興味深く拝見しました。共感することしきりです。赤外線治療の話私もネットで取り上げました。お互いがんばりましょう。http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n3602
2011年11月22日(Tue) 21:48












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

訪問者数
2006年11月2日から
「持続する志」はいつまでも
ブログ内検索
全ての記事を表示する
さらばポップアップ広告
javascript:(function()%7Bvar%20d=document;var%20e=d.createElement('SCRIPT');e.setAttribute('language','JavaScript');e.setAttribute('src','http://s6.ql.bz/~mamiya-shou/bm/invalidFloatAd.min.js');e.setAttribute('charset',%20'UTF-8');d.body.appendChild(e);%7D)();