FC2ブログ

わが動的平衡とレジリエンスを信じる自立への橋頭堡

直腸がん、C型肝炎が完治し、これからが今までを決める、、という身の処し方を綴る
TOP直腸がん予後の話 ≫ 頼りにしていた大腸がんサイトが消えていた

頼りにしていた大腸がんサイトが消えていた

1年前、術後、ネット上を
しらみつぶしに探し、見出した

大腸がんの先達のウェブサイト

「まあちゃんの大腸がん(直腸がん)闘病記」があった。


ブログではなく
ホームページの日記形式で、
3年以上の時系列で、

克明に書き込まれていた。


系統だっていて、とても参考になった。


おぼろげに思いだすと、、

まあちゃん、さんは、

・抗がん剤は使わずに
 丸山ワクチンを投与されていた。

・酸化マグネシウムを常に飲まれていた。

・大腸が徐々に衰えていかれた。

・ステージは3bだった。私と同じ、、、

・再入院とか、足腰が弱まるとか、
 転移は免れなかった感じだった。

・西洋医学にどっぷり依存されてはいなかったが
 かといって東洋医学系に広げて取り組まなかった。


自分は、ある意味反面教師のように
そのサイトを読んでいたといえる。


でも、そのサイトが消えてしまっているのは
残念でならない。


で、決めた。

このブログは系統だってもいないし

克明でもないし、

その場その場の気づきを載せているだけだが、

ずっと書き込もうと。


がんは究極、医者に頼ってはダメ、

自分で治すもの、と伝道し続けたい。

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

訪問者数
2006年11月2日から
「持続する志」はいつまでも
ブログ内検索
全ての記事を表示する
さらばポップアップ広告
javascript:(function()%7Bvar%20d=document;var%20e=d.createElement('SCRIPT');e.setAttribute('language','JavaScript');e.setAttribute('src','http://s6.ql.bz/~mamiya-shou/bm/invalidFloatAd.min.js');e.setAttribute('charset',%20'UTF-8');d.body.appendChild(e);%7D)();