わが動的平衡とレジリエンスの思索日記

直腸がん、C型肝炎が完治し、これからが今までを決める、、という身の処し方を綴る
TOP直腸がん予後の話 ≫ 2月の採血と診断

2月の採血と診断

今日、五反田のN病院で、血液検査と診断をしてきた。

予想通り採血結果は異常なし、
肝機能などは
AST31・ALT37・γ-GT28という数値で、
全くの平常値であった。

腫瘍マーカーも基準値以下で、反応なしの状態。

そこで担当の外科医に、
今後のCT検査を3月から3ヶ月ごとに実施することで
合意した。3月・6月・9月・12月となる。

6月は胃カメラもやることにした。
私のような元来酒がだめな人間が飲み続けると、
アセトアルデヒドが災いして、食道がんになるといわれている。

私はふだん飲むことは少なくなったが、一応きになるのだ。

さらに担当医に、大腸がんの転移する臓器として
一般的なのは肝臓と肺と、以前説明いただいていたが、
膀胱への転移の可能性もあるのか?とうかがった。

立花隆氏の場合、大腸ポリープを除去して数年後
膀胱がんが見つかったということが気になったのだ。

すると「直接的な因果関係はほとんどない」という応えだった。

その判断はそのまま肯定的に受止めることにした。

この担当医には、ミトコンドリアの話はしないと決めていた。
皮肉をこめた笑い顔を見るのおちだからだ。

今夜、ネットでナノ水素水を買い求めることにした。
水素水は細胞内にまで到達すると知った。となると
酸素が好きなミトコンドリアが水素水を大歓迎することは明白だろう、、、。

もしかすると、ある程度水素水を飲み続ければ、
だいぶ緩和されてきた乾癬は治癒といえるレベルになるのではないかと
楽観的に思っている。

Comment

編集
コメントをいただき、ありがとうございます。
昨日から水素水を飲み始めました。
なんとなくいい感じです。
一週間くらい試したあと
感想を記事にしようと思っております。
2011年02月24日(Thu) 23:30
水素水
編集
水素水のブログを書いているものです。
水素水に期待ですね
わたしが集めた情報では、かなり多くの方が水素水に救われてます
2011年02月19日(Sat) 00:10












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

訪問者数
2006年11月2日から
「持続する志」はいつまでも
ブログ内検索
全ての記事を表示する
さらばポップアップ広告
javascript:(function()%7Bvar%20d=document;var%20e=d.createElement('SCRIPT');e.setAttribute('language','JavaScript');e.setAttribute('src','http://s6.ql.bz/~mamiya-shou/bm/invalidFloatAd.min.js');e.setAttribute('charset',%20'UTF-8');d.body.appendChild(e);%7D)();