FC2ブログ

わが動的平衡とレジリエンスを信じる自立への橋頭堡

直腸がん、C型肝炎が完治し、これからが今までを決める、、という身の処し方を綴る
TOP仕事と環境のこと ≫ 新たな仕事場

新たな仕事場

新たな仕事場となる外国人技能実習の監理組合に、前倒しで金曜日から働いている。

技能実習生はここでの一ヶ月研修を終えると、実習する会社に配属される。その送り出し、実習生を車で連れて行くのが、最初の仕事だった。

久々の車の運転、しかも軽自動車ではなく、HONDAのステップワゴンだったので、川崎市多磨区までの往復を、かなり緊張した面持ちで運転することに。

緊張のせいで、帰り道、アクセルとブレーキを踏む疲れからか、右足のスネがつって痛み出し、いささか、まいった。

そうした痛みのなか、武蔵境あたりで黄色信号の左折を思い留まったのは、正解だった。反対車線に白バイいたからだ。ささやかな僥倖。

研修生はベトナムからの二人の青年、24歳と23歳で、それぞれ家族が5,6人いるとのことで、遠い昔、地方から東京に出稼ぎにきた中学卒の若者たちに近いかもしれない。

日本人の若者は、ガテン系の仕事を忌避する現状から、その穴を埋めるために外国人実習生の名のもとに、労働力を確保する、そういう現実を、あらためて感じさせた。

わたしの方針は、
1.如実知見、あるがままを見る。
2.フラットな目線を保つこと。
3.研修生一人ひとりの望みがかなうように、できるかぎりのアドバイスをする。

という3点とした。

昨日は、30人近い実習生に自己紹介をすることになった。わたしを実年齢より10歳くらい若く見てくれていて、ほんの少し、嬉しかった。

ひとまず、ここに68歳まで、3年は在席したいものだ。驕らずに、サバイバルしよう。

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

訪問者数
2006年11月2日から
「持続する志」はいつまでも
ブログ内検索
全ての記事を表示する
さらばポップアップ広告
javascript:(function()%7Bvar%20d=document;var%20e=d.createElement('SCRIPT');e.setAttribute('language','JavaScript');e.setAttribute('src','http://s6.ql.bz/~mamiya-shou/bm/invalidFloatAd.min.js');e.setAttribute('charset',%20'UTF-8');d.body.appendChild(e);%7D)();