FC2ブログ

わが動的平衡とレジリエンスを信じる自立への橋頭堡

直腸がん、C型肝炎が完治し、これからが今までを決める、、という身の処し方を綴る
TOP心にのこる文章 ≫ Negative Capabilityと中動態と

Negative Capabilityと中動態と

時間に追われ、ここに書き込むことが億劫になっているが、放置もしたくない。

掲題の最初の英字とちょっと前に知った中動態は、重要な結びつきがあると思い、メルクマールとして、そう書いておきたかった、、だけだ。

4月16日か、パリのノートルダム寺院の火災は衝撃的で、、日本なら法隆寺が燃えるようなもので、なんとも、、人は茫然とするばかり、だろう。

「遥かなノートルダム」を書いた森有正が、塔の崩壊を知ったとしたら、
彼の「経験」はどう「変貌」したのだろう。上っ面な悲しみではないのでは、、

大聖堂の火災で森有正を想起する人は、何人いるのだろう。キリスト教徒だけは思い浮かべて欲しい、、なと。

森有正のキーワードは「経験」だが、今あらためて、わたしは「体験」が性に合っているとわかる。経験か体験か、あの頃よく自問していたな、

中動態は、長く時間のかかる体験といっていい。それはNegative Capabilityと通底する。

不治の長患いの場合は、とくに、
やり場のない混沌に、、
宙ぶらりんの状態に、
ひたすら耐えるしか、ない。

ただし、だ。
耐えることに深い意味を感じ取り、臨む

それしか、普通であるわたしたちには
できない、、のだ。

きっと、それが、人間性の究極のあり方、、なのだろう。掲題の二つの言葉はそう暗示させてくれる。

能動態でもなく受動態でもなく、
中動態という言語表現があったことを知った今、なるほどサンスクリット語は中動態
が主軸になっていたのだと、合点がいった。


ともあれこんな感じで、さらに一層、断片的に書くことになる。

ここを見にこられても、おそらく、全く意味不明だろう。もともとの主旨が備忘録なのだから、ご容赦あれ、、



作家ハハキギホウセイは、
「答えの出ない事態に耐える力」とNegative Capabilityを説明する。そのエッセンスを、作家はこう書いている。


追記、いや驚いた。
ノートルダム大聖堂、再建=修復に、莫大な寄付に暴動が起きているというのだ。以下、時事通信のコピペ。

【パリ時事】大火災に見舞われたフランスのパリ中心部にある観光名所、ノートルダム大聖堂の再建のため、大富豪らから多額の寄付金の申し出が相次いでいることに対し、マクロン大統領の政策に反対し昨年11月からデモを続けている抗議運動参加者らは「不公平だ」と不満を募らせている。

抗議運動の中心となっている女性は17日、「社会的な惨状には何もしないのに、わずか一晩で膨大な金を拠出できることを見せつけた」と高額な寄付を批判。インターネット交流サイト(SNS)上では「人間より石が優先されるのか」などと反発する投稿が相次いだ。
 有力紙フィガロは、20日に予定されているデモについて「怒りを募らせたデモ隊が結集する可能性がある」と指摘。再び破壊行動が起きる恐れがあると報じた。(2019/04/19-08:06)

我が断想

形あるものは、千年スパンでみれば、いづれ崩れる。

そして究極の「宝塔」とは、大聖堂でも法隆寺でもなく、

生身の、普通であるわたしたちの
人生の中ににある、、そうわたしは信じている。

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

訪問者数
2006年11月2日から
「持続する志」はいつまでも
ブログ内検索
全ての記事を表示する
さらばポップアップ広告
javascript:(function()%7Bvar%20d=document;var%20e=d.createElement('SCRIPT');e.setAttribute('language','JavaScript');e.setAttribute('src','http://s6.ql.bz/~mamiya-shou/bm/invalidFloatAd.min.js');e.setAttribute('charset',%20'UTF-8');d.body.appendChild(e);%7D)();