FC2ブログ

わが動的平衡とレジリエンスを信じる自立への橋頭堡

直腸がん、C型肝炎が完治し、これからが今までを決める、、という身の処し方を綴る
TOP影響を受けた人々 ≫ 宮本輝、本懐の大作

宮本輝、本懐の大作

1週間ぶりに書く。

金曜日、仕事で軽自動車に乗り与野の法務局にいった。運転は数年ぶりのこと。高速の料金所の手前で、事故りそうになった。
あっこれETC車じゃないと直前に気づき、ハンドルを左にきったからだ。後続車とぶつかってもおかしくなかった。
が、無事だった。守られたのだと思う。

作家宮本輝さんの公式サイトを久しぶりに閲覧できた。ログインのパスワードとか、忘れてしまっていて、長いこと見ていなかったのだ。

昨年、宮本輝さんは「流転の海」を完結された。あしかけ三十七年、原稿用紙7000枚を越える偉業。。

ただ、わたしはその1作目の途中で中断して読んでいない。宮本作品を最後まで読み切ることができないで、放ってしまう。たぶん中断するのは、こころの奥底におなじものが流れていて響き合うせいだろう。

まっ、そういう中途半端な読者なので、感想など語れる資格はない。

なのに公式サイトに長いこと書き込みしたりして、、大病を克服したときには、輝先生からありがたい言葉もいただいたりした。感謝。

2018年12月「流転の海」を完結された宮本輝さんは聖教新聞に次の談話をのこされた。その中で池田大作という人を、師と仰いでいると、あらためて表明されていた。そのコトバは謙虚で丁寧だ。その原文を以下に、、

「流転の海」を書き終えて

「宮本輝の父と子を書く時が、きっと来る。いつか書いてほしい」。福武書店の文芸誌「海燕」の編集者にそう言われたことがきっかけで第一部「流転の海」を書き始めたのは34歳の時でした。

第二部「地の星」から文芸誌「新潮」に連載の場が移り、書き終わってみれば全9巻、400字詰め原稿用紙に換算して約7000枚。

「37年間、よくぞ書き続けた。見事にやり遂げた。お前は偉いやつや」と胸の内で自分を褒めました。

37年間、健康でいることができ、本当に守られたて実感しています。

病気で倒れて未完になることがあったら読者に申し訳ない。何があっても書き終えなければという責任と重圧を常に感じていました。

最も身近な伴走者である妻、支えてくださった全ての方に感謝は尽きません。

名も無き代弁者
「何がどうなろうと、たいしたことありゃあせん」

「自分の自尊心より大切なものを持って生きにゃいけん」

最も印象深かった熊吾の言葉を出版社が読者から募りました。中でも多かったのが、この二つだったそうです。

「流転の海」には歴史上の人物が一人も出てきません。何も昭和の歴史を書こうと思ったわけではないからです。それでも、最後は歴史小説を書いているような気持ちでした。「庶民の歴史」です。

戦争は終わったけれども、先も見えない激動の時代。その中で、子どもを育て、学校に行かせ、家族を養うため、懸命に働く人々がいました。

満足に教育を受ける機会もなく、地面を這うような暮らしの中でも、人間としての誇りを手放さず、愛情をもって精一杯生きた。そんな庶民たちの姿、人生の営みを書きたいと思ったのです。

調べてくれた方がいて、全9巻を通じた登場人物は1200人以上になるそうですが、熊吾や房江をはじめ全員が無名の民の代表であり、代弁者です。そういう大きな構想をもって書き始めました。

「生老病死」の劇(ドラマ)


Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

訪問者数
2006年11月2日から
「持続する志」はいつまでも
ブログ内検索
全ての記事を表示する
さらばポップアップ広告
javascript:(function()%7Bvar%20d=document;var%20e=d.createElement('SCRIPT');e.setAttribute('language','JavaScript');e.setAttribute('src','http://s6.ql.bz/~mamiya-shou/bm/invalidFloatAd.min.js');e.setAttribute('charset',%20'UTF-8');d.body.appendChild(e);%7D)();