FC2ブログ

わが動的平衡とレジリエンスを信じる自立への橋頭堡

直腸がん、C型肝炎が完治し、これからが今までを決める、、という身の処し方を綴る
TOP健康と病いのこと ≫ 日本人100歳統計と安藤久蔵さん

日本人100歳統計と安藤久蔵さん

敬老の日の14日、厚生労働省は、100歳以上となる全国の高齢者は69,785人に上り、48年連続で増加した、と発表した。

昨年比で2,014人多い。
69,785人内訳は、
男性8,381人(前年比139人増加)の12%
女性61,454人(前年比1,875人増加)の88%

都道府県別では、
東京都5,973人が最多、続いて
神奈川3,877人
大阪府3,537人の順になる。

以上。
けれども、思う。
そのうち寝たきりでもなく、認知症でもない健康な毎日をおくられ、例えば歩いて銀行に行けている人は、果たして、何人おられるか、、そこん所が知りたいが、統計にはないようだ。

政府が健康寿命の重要性を強調するならば、そうしたデータも欲しいものだ。たぶん、そうした人はわずかではないか。

唐突だが、日蓮大聖人のお手紙二編を以下に掲げておきたい。

釈迦、多宝 十方の仏
来集して我が身に入りかはり
我を助け給へと
観念せさせ給うべし
『弥三郎殿御返事(1451頁)』

設(たと)い業病なりとも
法華経の御力(おんちから)たのもし、
阿闍世王は法華経を持(たも)ちて
四十年の命をのべ
陳臣は十五年の命をのべたり
『富木尼御前御返事(975頁)』


それにしても、100歳女性の88%には驚いた。日本は女性の国である。

追記、
ふと気になり検索した。やっぱしか、
西荻窪の安藤久蔵さんは2017年12月に亡くなられたようだ。1911年2月生、享年107歳。以下に、その告知文をコピペ

12月、「アロマフレッシュ」の珈琲翁・安藤久蔵さんが亡くなられたと連絡をいただきました。私と安藤さんとの出会いは、フリーペーパーの「西荻丼」で、安藤さんの波乱の人生を連載インタビューしたことから始まります。安藤さんとの出会いがいなければ、そもそも西荻案内所なんて始めていなかったでしょう。私のみならずいろいろな人の人生を変えていった安藤さんにあらためて感謝。

安藤久蔵さんは屹立した思想をお持ちだった。2014年4月、安藤久蔵さんは10分ほど、お話しをしてくださり、、今よぎったが、たしか『年金なんか、もらってない』と言っておられた気がする、、そうした言葉、忘れません。ありがとうございました。 

あっ、今、樹木希林さんの訃報を、見た。
享年75歳。見事な役者人生だった。深く祈る。

さらに追記、
画家 後藤はつのさんも2017年5月、113歳、誤嚥性肺炎で亡くなられていた。

2017年は、二人の偉大な、長寿の星が去っていった。

105歳の画家、篠田桃紅さんはご健在のようで、よろこばしい。喉の甲状腺がかなり腫れておられるが。

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

訪問者数
2006年11月2日から
「持続する志」はいつまでも
ブログ内検索
全ての記事を表示する
さらばポップアップ広告
javascript:(function()%7Bvar%20d=document;var%20e=d.createElement('SCRIPT');e.setAttribute('language','JavaScript');e.setAttribute('src','http://s6.ql.bz/~mamiya-shou/bm/invalidFloatAd.min.js');e.setAttribute('charset',%20'UTF-8');d.body.appendChild(e);%7D)();