FC2ブログ

わが動的平衡とレジリエンスを信じる自立への橋頭堡

直腸がん、C型肝炎が完治し、これからが今までを決める、、という身の処し方を綴る
TOP健康と病いのこと ≫ こまめに水を飲む

こまめに水を飲む

竹内 孝仁 著
「水をたくさん飲めば、ボケは寄りつかない亅 (講談社)を読んだ。

認知症の予防として、一日1500cc以上、チビリチビリ、こまめに飲むことがいいと知った。そこで、この一ヶ月、実践している。ガブ飲みはいけない。チビリチビリがコツである。

腎臓の機能保全が
健康寿命の前提条件になると見ている。

腎臓は、血液検査の項目の中の、
クレアチニンが指標になる。
基準値は0.65から1.07まで
私の直近の数値は、0.79なので
今のところ、腎臓の機能は大丈夫のようだ。

飛躍するが、
地球の歴史で生物は陸上にはい上がってからの時間と、その前の水中にいた時間と比べたら、おそらく圧倒的に水中の時間の方が長く、勝っていると思う。

私たちは、陸上に棲息していても、水生動物と見たほうが、いいのだ。

想い返すと、最初のギリシャ哲学者であるタレースは、万物の始原(アルケー)は水だと言っていた。

タレースは、存在する全てのものが水から生成し、それへと消滅していくものだと考えた。そして大地は水の上に浮かんでいるとした。世界は水からなり、そして水に帰るという説を唱えていたのだ。


アルケーとは何か、、
1973年、大学1年のとき、
そう言われて、古代ギリシャ哲学者の
列伝を滔々と講義をしてくださった刈田先生の表情が、今、想い浮かんだ。

ともあれ、水を侮ってはいけないと肝に銘じておこう。

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

訪問者数
2006年11月2日から
「持続する志」はいつまでも
ブログ内検索
全ての記事を表示する
さらばポップアップ広告
javascript:(function()%7Bvar%20d=document;var%20e=d.createElement('SCRIPT');e.setAttribute('language','JavaScript');e.setAttribute('src','http://s6.ql.bz/~mamiya-shou/bm/invalidFloatAd.min.js');e.setAttribute('charset',%20'UTF-8');d.body.appendChild(e);%7D)();