FC2ブログ

わが動的平衡とレジリエンスを信じる自立への機微

直腸がん、C型肝炎が完治し、これからが今までを決める、、という身の処し方を綴る
TOP健康と病いのこと ≫ 酒の常習は、毎日少量でも、やめた

酒の常習は、毎日少量でも、やめた

わたしは、人の目を見るのが好きだ。とりわけ中年以降の人の目は、その人の人生が表れた作品、と思っている。

西郷隆盛は、人を魅了する黒々と輝く目をしていたようだ。司馬遼太郎の小説の中に、そういう表現があったと記憶する。

そういう目の存在を現実に知ったのは、わが大学の創立者、40だいの池田大作という人の目を見てからだ。それと、わが大学の理事長だった岡安という人の目も、それに近いものが、あった。そう感じた自分がいたのは、たしかだ。

少し前に、テレビで、石田純一の目を見たが、あたまの芯がボケ始めたな、と感じさせた。ワインを常習的に飲んでいるのでは、、

一方、80歳の加山雄三の目はボケてないな、と気付き、、調べたら2004年、66歳の
ときに、酒を飲むのをやめた、とあった。

また、ジブリの鈴木敏夫は酒はやらない。わが大学の創立者も、飲まない。

で、ひょっとすると、、
たとえ少量でも、毎日飲んでいると、脳はやられるのではないか、と気づいたのだ。

当たりだった。検索するとこういう記事が見つかったからだ。

ニューズウィーク日本版
ほどほどでも飲酒を続けると脳には有害?
2017年10月26日(木)10時30分
ハナ・オズボーン
ニューズウィーク日本版
<適量なら飲酒は健康にいい――という常識を覆して、少量でも長期に渡って飲酒を続けると脳がダメージを受けるという酒好きにはショッキングな研究結果が>

ほどほどの量でも、長期間にわたって飲酒を続けると脳がダメージを受けるかもしれない――酒飲みにはショッキングな研究結果が明らかになった。

2017年6月にブリティッシュ・メディカル・ジャーナル(BMJ)で発表されたオックスフォード大学とロンドン大学ユニバーシティーカレッジ(UCL)の最新研究によれば、週当たり14~21単位のアルコールを摂取していた人は、記憶や空間認知をつかさどる脳の部位である海馬が萎縮する確率が、飲まない人の3倍も高かったという。

ちなみにイギリス政府の定めたガイドラインでは、飲酒は週に14単位以内にすべきとされている。1単位は純アルコール量で10ミリリットルとされ、度数4%のビールなら250ミリリットル、13%のワインなら76ミリリットルに相当する。

研究チームが分析対象としたのは、健康でアルコール依存症でない男女550人の30年間にわたる追跡データだ。調査開始時点での平均年齢は43歳で、被験者に対しては定期的に認知能力の検査が行われた。飲酒や喫煙の習慣、病歴や教育、身体的活動といった点についても並行して調査が行われた。

分析によれば、最もリスクが大きかったのは週に30単位以上飲む人。14~21単位の人も、あまり飲まない人や全く飲まない人と比べると海馬が萎縮する兆候はずっと多く見られた。

( 中 略 )

だが、常識に疑問符を突き付けたという点で意義は大きい。英王立エジンバラ病院神経精神科のキリアン・ウェルチはBMJに寄せた論説でこう述べている。「多くの人が普通だと思っている飲酒習慣が健康に悪影響をもたらす、という主張を補強する重要なものだ。私たちは何かと理由をつけて、長期的には利益にならない行動にしがみつくことを正当化しがちだ」

少なくとも、飲酒習慣を見直すきっかけにはなりそうだ。


思い返すと、前職の会社の人々は、飲酒癖が多く、いた。

すぐに浮かぶのは、為国さんという取締役までなった人だ。昼間はしゃんとしていて判断も明快なのだが、夜になると、会社の金で、毎日、相当飲んでいた、、というイメージしかない。役員退職金は出ずに辞めたのではないか、、老いてなお常習化した酒飲みは、人格が卑しくなる、そういう気がする。

それより気になるのは、同時期に会社をやめた川瀬である。今も、毎日ワインを飲んでいるのではないか。海馬の萎縮は進んでなければいいが。

それと、がんサバイバーの経験知だが、
飲み過ぎは、松果体にも影響するだろう。

わたしは、この一年、ほぼ毎日、金麦250ミリを飲んできた。微量だが、常習化すると、脳は萎縮する予感する。なので、今週から、徐々にやめていくことにする。

当面の目標は、週に二回程度にすること。

Comment

Re: 飲酒のリスク
編集


MONさんへ。

飲めない人は、すぐ顔が赤くなりますね。アセトアルデヒドのせいで、それが食道がんへのトリガーになると聞いてます。歌舞伎の中村勘三郎も、飲んじゃいけない人だったのでは、、と思います。

今週は、土曜日の今日も飲んでしまいましたので、
目標までは、まだまだで、、ふと今、カレンダーに印しをつけてみよう、、そう決めました。

備忘的な目論見しかない、いいたい放題の、このブログに、コメントをくださり、本当に、感謝しております。

MONさんへ。

飲めない人は、すぐ顔が赤くなりますね。アセトアルデヒドのせいで、それが食道がんへのトリガーになると聞いてます。歌舞伎の中村勘三郎も、飲んじゃいけない人だったのでは、、と思います。

実は、家内は毎日チューハイを飲む人で、依存症になっている感じがします。怒りっぽくなるのです。

今週は、土曜日の今日も飲んでしまいましたので、目標までは、まだまだで、、ふと今、カレンダーに印しをつけてみよう、、そう決めました。

備忘的な目論見しかない、いいたい放題の、このブログに、コメントをくださり、本当に、感謝しております。
2018年07月14日(Sat) 18:12
飲酒のリスク
編集
以前、或るネットの記事で、日本人は少量の飲酒でも食道がんの発生リスクが飲まない人の8倍程になり2合ほどの飲酒では50倍になるとか。さらに飲酒も喫煙もしない日本人に食道がんの発生は、ほとんど無いそうです。金麦を週に7本はアルコール量としては非常に少ないと思います(70mL)。私も週に缶チューハイ4本(98mL)にしていますが。2本位まで減らそうと思います。でもやはり日常の飲酒はやめるべきですね。
2018年07月13日(Fri) 00:11












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

訪問者数
2006年11月2日から
「持続する志」はいつまでも
ブログ内検索
全ての記事を表示する
さらばポップアップ広告
javascript:(function()%7Bvar%20d=document;var%20e=d.createElement('SCRIPT');e.setAttribute('language','JavaScript');e.setAttribute('src','http://s6.ql.bz/~mamiya-shou/bm/invalidFloatAd.min.js');e.setAttribute('charset',%20'UTF-8');d.body.appendChild(e);%7D)();