FC2ブログ

わが動的平衡とレジリエンスを信じる自立への橋頭堡

直腸がん、C型肝炎が完治し、これからが今までを決める、、という身の処し方を綴る
TOPその他、諸事雑感 ≫ サッカー雑感と6月マイブーム

サッカー雑感と6月マイブーム

1.わたしは俄サッカー見物人に過ぎないが、、対ポーランド戦を見て、黒沢明監督の「七人の侍」を思い浮かぶこと、しきりだった。とりわけ終盤、時間稼ぎのパス回しをしていたとき、そう思った。

検索すると、、

「日本はドイツ人。7人の侍がブンデスリーガでプレーしている」と特集したのは、イタリア紙「ガゼッタ・デロ・スポルト」だった。
記事では、外国人選手枠の制限のないブンデスリーガが日本代表の底力の根底にあると分析。「日出る国はドイツに選手たちを送り込んでいる」と報じている。


として、香川真司ほか6人のブンデスリーガの名を挙げているが、私のそれは違う。個より全体だ。日本チーム全体が「七人の侍」のような「一になって負けない心」を強く押し出していく、、そんな風に見えた。日本はベルギーに、僅差で勝つ予感がする。

[7月3日の追記]
日本はベルギーにアディショナルタイムで負けたが、立派だった。
今後、日本のFIFAランキングは61位らしいが、その半分くらい順位が上がったなら、ベスト8が常套になるのではないか。

もともと「七人の侍」は、盗賊武装集団から農民たちを守る浪人武士7人の生きざま、死にざまが展開される話。劣勢を挽回するあの手この手の戦術が、予選3ゲームと重なって見えたのだ。3ゲームを一試合とくくれば、あの時間稼ぎは、ありだ。

さらに、決勝トーナメントの対ベルギー戦になったら、一段と「七人の侍」のイメージが浮かぶのでは。西野監督は、「七人の侍」の志村喬が演じた島田勘兵衛だろう。本田圭佑は、三船敏郎のキクチヨかもしれない。

ただ残念だが、ベルギー戦をリアルタイムで見ることはないだろう。起きていられないし、チャンネル権もない。

2.さて、6月のマイブームは是枝裕和監督だった。監督の北町小学校の頃のことを、わが記憶と重ねて考えていた。家から学校まで遠かったと語っていたが、その通りだ。私も遠いなぁ、と感じていた、そのことをファッと浮かんだりしたのだ。

監督は押入れが居場所だったこと、、私もそうだった。押入れで寝ていたし。

是枝監督は、映画の中で、一貫して、人の部屋に入ろうとするとき、役者にトントンと言わせている。監督は、そうして生きてきたのだろう。

「そして父になる」の中で、車窓から、鉄塔の電線の往復を映しているが、これは二つの家族の心象、絆のように、感じた。

勝手な想像だが、、二組の夫婦は、結局、取り違えた子を育てることになる。
そうなることで、二組の家族は絆が深まり、ゆるやかな大家族になっていく。
やがて福山が演じる野々宮は早世し、リリー・フランキーが4人子どもの面倒をみていく、、
あるいは逆かもしれないが、、そんな二組の家族の未来が浮かんだり、、した。

唐突だが、、若き日に決めたように、このまま、「無名の醍醐味」を生きよう。

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

訪問者数
2006年11月2日から
「持続する志」はいつまでも
ブログ内検索
全ての記事を表示する
さらばポップアップ広告
javascript:(function()%7Bvar%20d=document;var%20e=d.createElement('SCRIPT');e.setAttribute('language','JavaScript');e.setAttribute('src','http://s6.ql.bz/~mamiya-shou/bm/invalidFloatAd.min.js');e.setAttribute('charset',%20'UTF-8');d.body.appendChild(e);%7D)();