わが動的平衡とレジリエンスの思索日記

直腸がん、C型肝炎が完治し、これからが今までを決める、、という身の処し方を綴る
TOP生死と人生の記憶 ≫ 西城秀樹さんの死

西城秀樹さんの死

5月16日の水曜日、西城秀樹さんが逝去した。63歳。私より、学年は一つ下だったが、
まぁ、同年みたいなものだ。彼の死に、さまざまな思いがよぎった。

とりわけ、、
四十代なかばで結婚され、お子さんは3人で、たぶん一番上の長女は、まだ中学生、14歳くらいではないか、、成長を見守れず、さぞかし、悔いが残るだろうな

私も、長女は51歳のときに生まれた子なので、とても他人事(ひとごと)とは思えないのだ。

急性心不全が直接の引きがねだったようだが、問題は、何年か前にラクナ梗塞が再発し、その進行が治まっていなかったことにあったと思う。ラクナ梗塞は治りにくいのではないか、、

西城さんは、脳梗塞になる前は、健康面はかなり自信をもっておられたようで、サウナが好きだったと記憶している。

たしかに、私たちの世代は、若いころ、運動しているときに水を飲まない、遠ざけるという精神論は、よくみかける光景だった。大きな勘違いとも知らされずに。

それにしても、西城さんはよく辛抱強く、リハビリの努力されていたなぁと敬服の念が湧き上がってくる。立派だった。人間として、深く大きい「命の器」になっておられたと思う。その生きざまは忘れない。。合掌

これから老いていくなかで、自分にとって、中庸あるいは中道はどんなものか、西城さんの死を通じて、しきりに考える次第。

追記、、近所に住んでいた菊地さんという壮年独身だった方も、ラクナ梗塞だったが、、
人づてに、最近、神奈川の方の介護施設に入られた、と知った。が、具体的な施設名は聞けなかった。お見舞いが出来ないでいる。

大腸がんのときに見舞いに来てくださったが、予後の闘病が続き、何の返礼もできていなかった。なので、、気になっている。

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

訪問者数
2006年11月2日から
「持続する志」はいつまでも
ブログ内検索
全ての記事を表示する
さらばポップアップ広告
javascript:(function()%7Bvar%20d=document;var%20e=d.createElement('SCRIPT');e.setAttribute('language','JavaScript');e.setAttribute('src','http://s6.ql.bz/~mamiya-shou/bm/invalidFloatAd.min.js');e.setAttribute('charset',%20'UTF-8');d.body.appendChild(e);%7D)();