FC2ブログ

わが動的平衡とレジリエンスを信じる自立への橋頭堡

直腸がん、C型肝炎が完治し、これからが今までを決める、、という身の処し方を綴る
TOP読書と映画のこと ≫ 今、手元にある本のこと

今、手元にある本のこと

本は、ほとんど図書館から借りて読むようにしている。いや違う、読むというより置いておくばかり。少し眺め読みして、返してしまうかのが、ほとんどだが、、それでいいと思っている。

先月、岩波文庫のコンラッドの小説を買ったが、行方不明になってしまった。返すことが念頭にないから、こうなるのかもしれない。

ただ、図書館からなにを借りたかを手帳に書いておくようにしている。

今借りてる本一覧は、
1.小林秀雄「感想1」(新潮社)長い間出版されなかった。これはベルグソン論だ。

2.アンリ·ベルグソン「思想と動き」(平凡社)

3.アンリ·ベルグソン「精神のエネルギー」(平凡社)

4.若松英輔「小林秀雄 美しい花」(文藝春秋)

5.永井龍男「青梅雨」(新潮文庫)、高等小学校を卒業しただけ、16歳で文壇に出た、言葉をきわめた作家だった。

6.デイヴット·ミッチェル「クラウド·アトラス」(河出書房新社)、映画を観たので。

7.山口真由「7回読み勉強法」賢いコメンテーターとして、最近よくTVに出ておられる。

8.熊谷頼佳「脳が若返る食事術」(ダイヤモンド社)、予約待ち本。何で知ったか、思い出せない。

以上だが、借り本とはいえ8冊並べた本を見て、気に入っている。

この中で、さっき8.を眺め読みしたが、「脳内糖尿病」がキーワードとわかったが、これは表紙のタイトルの下に「あなたも脳内糖尿病かもしれない」と出ていて、分かりやすい内容だった。

しかしながら、昨日読了したのは、
アンドレ·マルロー/池田大作「人間革命と人間の条件」(聖教文庫)だった。22年ぶりの再読だった。

二人の対話は、ケンカと思えるほど、ものすごい火花があった。機関銃のように話されていたであろう池田先生は、マルローに全く負けてない。先生と加藤周一との対話と重なるものがある。西洋知識人の小我と東洋の大我。

再読は収穫があった。私見だが、21世紀は、日蓮仏法が流布し、世界的地平で、法華経が新たに創られるということ。対談を通じて先生には、そうしたビジョンが見えておられる、、という気がした。
近々、その感想をブログに載せよう。

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

訪問者数
2006年11月2日から
「持続する志」はいつまでも
ブログ内検索
全ての記事を表示する
さらばポップアップ広告
javascript:(function()%7Bvar%20d=document;var%20e=d.createElement('SCRIPT');e.setAttribute('language','JavaScript');e.setAttribute('src','http://s6.ql.bz/~mamiya-shou/bm/invalidFloatAd.min.js');e.setAttribute('charset',%20'UTF-8');d.body.appendChild(e);%7D)();