わが動的平衡とレジリエンスの思索日記

直腸がん、C型肝炎が完治し、これからが今までを決める、、という身の処し方を綴る
TOPその他、諸事雑感 ≫ わが五行歌その1

わが五行歌その1

先日、三期の石戸氏と二人宴をしていて、彼から出た言葉をヒントに
五行歌を書いてみることにした。
批評家 若松英輔氏の示唆を踏まえ、書く練習をするのだ。
これからまだ、添削するだろうが、、まずは、はじめてみよう。


「無上道の眼」

おさな子の 天真爛漫な眼でもなく

悩む青年の 悲しみの眼でもない

まして 老いた怒りの眼でもない

ただただ能忍  負けない心で鍛えつづけた

その眼には 無上道の現証が立ち現れている

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

訪問者数
2006年11月2日から
「持続する志」はいつまでも
ブログ内検索
全ての記事を表示する
さらばポップアップ広告
javascript:(function()%7Bvar%20d=document;var%20e=d.createElement('SCRIPT');e.setAttribute('language','JavaScript');e.setAttribute('src','http://s6.ql.bz/~mamiya-shou/bm/invalidFloatAd.min.js');e.setAttribute('charset',%20'UTF-8');d.body.appendChild(e);%7D)();