わが動的平衡とレジリエンスの思索日記

直腸がん、C型肝炎が完治し、これからが今までを決める、、という身の処し方を綴る
TOP健康と病いのこと ≫ すい臓がんMさんの予後

すい臓がんMさんの予後

2015年12月にすい臓がん手術をした女性Mさんと半年ぶり、3/3に連絡をとった。

正直言って、症状が進んでいたら、と思い躊躇して、ズルズルになっていたのだ。
だが、連絡をとらないでいたら、必ず悔いが残る。8年前の大腸がんの時に
隣のベッドにおられた倉谷さんのことで、残念な思いをしたからだ。

開口一番、Mさんの声はハリがあり、少し、安堵した。
ただ、つい最近からアブラキサンという抗がん剤をはじめられ、
髪の毛が根元からゴッソリ抜けていく、、言われていた。

わたしも、大腸がん手術後の抗がん剤で髪の毛がかなり抜けたが
その比ではないだろう。。

「情報があります。巣鴨に玉川温泉以上のラジウムが出る健康館があり、
知り合いの紹介で、12月に体験してきました。初回は無料で、
ラジウムが出る部屋に入って、その効能等の話を聞いたのですが、
おおよそは、理解できる話でした」

「費用もリーズナブルに感じます」

「気圧調整ルームよりは、効き目が早い感じがします」

「重篤な病いのある女性のかたがた、多くおられる感じでしたので
一度。予約をとって、体験されてみて、無駄ではないと思います」

そうお伝えした。
Mさんは、玉川温泉に行ってみたいと、かねがね思っていたら、
問い合わせてみる、と言われた。

「ぜひ、そうしてみてください」と進言した。

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

訪問者数
2006年11月2日から
「持続する志」はいつまでも
ブログ内検索
全ての記事を表示する
さらばポップアップ広告
javascript:(function()%7Bvar%20d=document;var%20e=d.createElement('SCRIPT');e.setAttribute('language','JavaScript');e.setAttribute('src','http://s6.ql.bz/~mamiya-shou/bm/invalidFloatAd.min.js');e.setAttribute('charset',%20'UTF-8');d.body.appendChild(e);%7D)();