わが動的平衡とレジリエンスの思索日記

直腸がん、C型肝炎が完治し、これからが今までを決める、、という身の処し方を綴る
TOPその他、諸事雑感 ≫ 前原さんの政界再編力

前原さんの政界再編力

このところ、衆議院選挙の動きを見ていて、一人で面白がっている。

1.解散の意図は、北朝鮮の有事にある。それも、その戦後処理をどう対応するか、、安倍さんは安定的基盤のもとに、米中露の中にコミットメントしていきたいのだ。

2.有事になれば、難民が出ることは必定。それをできるだけ抑えたいのだ。「国益」に反するからだ。国益の裏には、その是非に及ばず、国体思想がある、と思っている。

3.二大保守勢力による政権交代、間に中道勢力が入り、行ったり来たり、弥次郎兵衛的な機能をはたす。そこで公明党だけでなく、もうひとつ中道政党が出てくれば安定してくるのに、、と思う。

4.リベラルをうたう左翼は、この国の人びとから厭きられている。消えてなくなれとは思わないが、政権担当能力は、これから先も、ない。

選挙権をもつ私たちを、保守は「国民」と呼び、リベラルは「市民」と呼び、中道は「民衆、大衆、庶民」と呼称する。が、どの勢力も「人民」は使わない。最近の共産党が「国民」を使うのことに、少し驚いている。党の軸が溶け出しているのかもしれない。

5.最後の民進党代表の前原さんは、結果的にこうした振り分けをしたわけで、徳川慶喜や坂本龍馬級の歴史的貢献をしたことになる。選挙まで、その沈痛な表情をしっかり見つめていたい。影の主役デアリ、ポンコツ扱いはあたらない。小池さんの言質をとらなかったかどうかなどは、考えた上での演技だろう。

俯瞰してみて、こうした流れは、いい方向に向かっている。

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

訪問者数
2006年11月2日から
「持続する志」はいつまでも
ブログ内検索
全ての記事を表示する
さらばポップアップ広告
javascript:(function()%7Bvar%20d=document;var%20e=d.createElement('SCRIPT');e.setAttribute('language','JavaScript');e.setAttribute('src','http://s6.ql.bz/~mamiya-shou/bm/invalidFloatAd.min.js');e.setAttribute('charset',%20'UTF-8');d.body.appendChild(e);%7D)();