わが動的平衡とレジリエンスの思索日記

直腸がん、C型肝炎が完治し、これからが今までを決める、、という身の処し方を綴る
TOPその他、諸事雑感 ≫ 政治の風景

政治の風景

すっかりブログから遠ざかってしまった。もとより、このブログは、備忘録として書いている。記憶の宮殿はとは言わないまでも、そうしたヨスガになればいいと。

1.我が家から直線で300メートル以内に住んでる小池都知事は、どこまで肩書きを変容させるのだろうか。このまま都知事で3年間留まるとは思えない。この1年間をみても、小池さんの実績と言えるものはない気がする。むしろ豊洲移転など、機会損失を膨らませ続けている。

2.小池さんは、きっと、衆議院選挙の東京の小選挙区の中で、かつて出た東京10区以外のどこかから、踊り出るだろう。現在の東京10区選出の若狭さんは、そのまままた出馬することになるのかな、、  

3.東京10区の選挙権者の一人として、補欠選挙の前回もそして今回も、若狭さんに投票したりは、しない。無所属としてでるのだろうか、鈴木庸介さんという元民進党の、ただの新人に入れる。かれはまた出馬するだろうか、、彼は前回の負けで坊主頭になっていたな、、

追記、自民党は東京10区から鈴木隼人という比例区の議員を出すようだ。同じ鈴木姓だなんて、鈴木庸介さんは一段と当選は難しくなった。

4.この選挙の影の主役は前原代表である。正確に彼が握っている何百億円かの政党助成金の采配する力にある。真価が問われる。 

5.戻る。小池さんを魚に例えると「黒潮の回遊魚」みたいなもので、腰を据えることはできないだろう。安倍さんは小池批判はできるだけ控えた方が得策だ。逆手に取られ、出馬への格好の理屈を与えるだけだからだ。それに、安倍さんはもっと正直に半島危機が動機だと叫んだ方がよい。おそらく、トランプさんから有事の行程を告げられているのではないか、、そして北朝鮮の、戦争を知らない、昔懐かしい黒の電話機を頭にのせている若者が、どのタイミングでロケットを発射させるか、、それによって選挙情勢は変わるだろう。 

6.わたしたち国民は、マスコミの過熱報道に踊らされることなく、俯瞰して投票した方がいいだろう。

7.ついでに、昨年か参議院選挙で当選した公明党の長沢議員は、議員宿舎に愛人の女性を泊めて生活していた。宿舎のルール違反で、議員を辞めたわけだが、当然のことだ。

税金で生計を立てていて、公共圏のど真ん中に政治家は、どこの政党であれ、街中の不倫はダメだろう。

前に、辞めた長沢議員の選挙ポスターを見たとき、なんだか口元のしまりない男だな、、と感じたが、その印象は当たっていたのかな。。

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

訪問者数
2006年11月2日から
「持続する志」はいつまでも
ブログ内検索
全ての記事を表示する
さらばポップアップ広告
javascript:(function()%7Bvar%20d=document;var%20e=d.createElement('SCRIPT');e.setAttribute('language','JavaScript');e.setAttribute('src','http://s6.ql.bz/~mamiya-shou/bm/invalidFloatAd.min.js');e.setAttribute('charset',%20'UTF-8');d.body.appendChild(e);%7D)();