わが動的平衡とレジリエンスの思索日記

直腸がん、C型肝炎が完治し、これからが今までを決める、、という身の処し方を綴る
TOP仕事と環境のこと ≫ 会社の帰り道

会社の帰り道

月末に、工事解体会社は3人が退職した。やはり、社会保険の喪失は、そういうことだったのか、、退職という言葉は、社長は私に告げなかったが。

作業風景を見たわけではないが、彼らは、よく頑張ったと出面表を入力していて、推測できる。毎日どこの現場に行くのか、朝にならないとわからないなんて、普通のサラリーマンには、耐えられないに違いない。

解体会社で2ヵ月が過ぎたが、ミスマッチというか、もう少し、自分のポテンシャルに合った仕事環境に就きたい気になっている。労働のストレッチは済んだ。肝臓が健康なると、こうも心持ちが変わるものなのか、、強きで、次の場に躍り出よう。

幾分、社長の言動が丁寧になっていて、反省するところもあるかもしれないが、低賃金の構造は変えられないだろう。

本題に入る。
板橋区の、この解体会社に6月下旬から、週三日のパートを始めた。朝9:35に家を出て、環七の歩道をひたすら自転車で北上し、15分かけて会社に到着。
が帰りは違う。18時ころ環七ではなく、宮の下パステル通りをたらたらと自転車で南下するのだ。それがいい。

最後に板橋区のK図書館による。よく利用する練馬区の図書館と違い、そこは20時までやってくれていて、ホスピタリティーがあって、いいのだ。隣接区の人間は、貸出カードを発行してもらえるので、そうした。

かつて、まったく通ったことがなかった街並みを見るかとに、嬉しさを感じている。

わたしの意識の中で、帰り道は「失われた時空間」なのだ。別に建物が古いわけではないのに、昭和の余韻を感じ、懐かしい感じしてならない。東上線中板橋駅からも、有楽町線小竹向原駅からも、徒歩15分はかかるエリアなのに、街並みが形成されている不思議。

焼肉屋、パン屋、寿司屋、魚屋、文房具屋、などで、そこそこ客がいて、商圏が成り立っている。が衣料品店は絶滅している。むべなるかな。

わたしはまだ、パン屋さんにしか、よっていない。そこのあんパンが甘さ控えめで、気に入っている。

その商店街を公団かなにかマンションの中を通り、AEONにより、金麦を買いこみ、、図書館の飲食ができるところがあり、見つからないように金麦を飲み、かつあんパンを食べる。普通はない食べ合わせだが、嫌いでない。

そうして、そのテーブルにVBA のテキストを開いて復習する。遠い昔の、午後の学食のようだな、この感じは。

解体会社の事務についたから、この発見がある。38
歳の社長に感謝、、

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

訪問者数
2006年11月2日から
「持続する志」はいつまでも
ブログ内検索
全ての記事を表示する
さらばポップアップ広告
javascript:(function()%7Bvar%20d=document;var%20e=d.createElement('SCRIPT');e.setAttribute('language','JavaScript');e.setAttribute('src','http://s6.ql.bz/~mamiya-shou/bm/invalidFloatAd.min.js');e.setAttribute('charset',%20'UTF-8');d.body.appendChild(e);%7D)();