わが動的平衡とレジリエンスの思索日記

直腸がん、C型肝炎が完治し、これからが今までを決める、、という身の処し方を綴る
TOP仕事と環境のこと ≫ 見える化としての工事物件管理台帳

見える化としての工事物件管理台帳

1.昨日はパート労働4日目だったが、朝から3本の仕事を課されたが、うち練馬区の案件は、顧客の意向とわがY社長の怒りの、板挟みになり、30分以上時間を費やした。結局、わたしが日曜に対応することで、決着した。理屈は顧客の主張が最もだったが、受注金額相当に叩かれて、Y社長は顧客ファーストに対する意識が下がってしまい、怒り出していたのだ。Y社長は38歳、毎朝6:30に板橋区のダンプ駐車場に職人さんを集合させ、現場に向かう。地頭が良いし、懸命に働く青年で、わたしはリスペクトしている。それに、これからは、若い人たちとかかわっていくことが、健康長寿につながると見ている。

入って早々だが。年の功で、私が対応するしかない。仕事だし。

2.夕方、豊島区役所から事務所に戻ると、トルコ人の青年2人が、ハローワーク経由で、現場で働きたいということで、事務所のEさんが、ゆっくりとした日本語で、面接をしていた。内心は怖かったと後になって話してくれたが、堂々としていた。

人相は悪くはなかったが、2人は「難民ビザ」だと在留許可の種別を話していたが、シリア人ならともかく、それはないな、と感じつつ、後ろ向きになって聞いていた。ハローワークでビザのフィルターはかけないのかな、、いずれ、こうした外国人の面接は、社長が不在なら、わたしがした方がいいだろう。女性にさせてはリスキーだ。一応、イミグレーションも守備範囲だからだ。

もしかしたら、2人はクルド人なのかもしれない。川口に住んでいると言っていた。蕨と川口にクルド人は数百人くらしているらしい。川口のハローワークは、そういう実情を踏まえて対応しているのかもしれない。

「知恵袋」にこうあった。
日本で「トルコ人難民」を称する人々は、多くがクルド系のトルコ国籍人です。多くは1990年代に祖国での迫害を逃れてきた人とその子孫です。しかし、日本政府は、トルコ政府と友好関係にあり、トルコにおけるクルド人迫害を公式には認めず、トルコ国籍のクルド人に難民認定がなされることは、ほとんどありません。つまり「日本政府に難民認定されたクルド系トルコ人」という方は、ほとんどおりません。これは、あまり大きく報道はされませんが、国際問題になっています。


3.モヤモヤしたストレスの原因が、なんだかようやく、分かってきた。工事物件の全容の進捗が見えないから、こうした心理状態に苛まれるのだ。それを解消するためには、「工事物件管理台帳」をエクセルでつくることに、家にもどり、寝る間際に、決めた。

4.請負契約は、受注金額と原価管理が大事であることは知っていたし、サラリーマンの最後の部署であった保険代理店の部署では、新規の長期火災保険専用の管理台帳に立ち上げ、部内の人たちにどんどん書き込みさせ、担当者別の契約状況が分かるように、紙出しにして、張り付けるようにした。

さらに、かのリハウスのように「◯井の火災保険」のキャッチコピーを作って、、いろいろな言葉を編集し、住宅ローン35年にあわせた長期火災保険を売りまくったのだ。

5.私は管理職でなく、一担当者に過ぎなかった。しかも部長にそう指示されたわけでもなかった。
しかしマンネリ化したその部署に、徐々に風を起こして、ノルマ達成を鮮明にする営業会社はイヤだが、みんなに愉快なゲームをやっているような気分にさせてみたかったし、そうした職場の空気にひたってみたかったのだ。

その情況は、映画「ショーシャンクの空」で刑務所の人たちに、オペラ歌手が歌うアリアを放送で流してしまう、主人公に近い。

保険の部署全体にギアが入るまで、半年かかったが、やがてみなシャカリキになっていき、よく年には、関西支店より売上総利益は上回ってしまった。

おそらく、数人いた営業担当は「見える化」して競争することを楽しめたのではないかな、、それで各人のボーナス査定がよかったかどうかは、もう覚えていないし、、今や、どうでもいい。

6,その会社は50歳のときに、リストラで退社し、友人が立ち上げたインテリア会社のお手伝いをしたが、7年で倒産してしまった。もし、そこで物件管理台帳を工夫して、社員が使ってくれていたら、倒産は回避できていたかもしれない。その会社の社長が導入した管理台帳はあったが、なんか根底の意味が、私のとは違っていた。

7.繰り返す。このY会社で「見える化・工事物件管理台帳」を始めようと、決めた。Y社長を説得しよう。こういう気持ちになるのは久々のことだ?2年前の、硬直したら会計事務所では、この気持ちは生まれて来たりはしなかっただろう。

管理ナンバーの意味づけは、昨夜のうちに工夫しておいた。さてさて、おもしろく、やろう。


高杉晋作の辞世の句

おもしろきこともなき世をおもしろく

すみなすものは心なりけり

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

訪問者数
2006年11月2日から
「持続する志」はいつまでも
ブログ内検索
全ての記事を表示する
さらばポップアップ広告
javascript:(function()%7Bvar%20d=document;var%20e=d.createElement('SCRIPT');e.setAttribute('language','JavaScript');e.setAttribute('src','http://s6.ql.bz/~mamiya-shou/bm/invalidFloatAd.min.js');e.setAttribute('charset',%20'UTF-8');d.body.appendChild(e);%7D)();