わが動的平衡とレジリエンスの思索日記

直腸がん、C型肝炎が完治し、これからが今までを決める、、という身の処し方を綴る
TOPC型肝炎治療の話 ≫ 肝臓病教室に行った、、

肝臓病教室に行った、、

1.24日14時、考藤先生が講義すると知り、1年ぶりに国府台病院の肝臓病教室に行った。受講者は30名程度と少なく、あらためてその空気は、2015年9月の白熱教室とは程遠く、C型肝炎の終焉が近づいた感じがした。

慶事であり、とてもいいことなのだが、目的の達成は、その喪失でもあり、さびしい感じが、した。

2.考藤先生の前の、古田先生は食事について、レジュメにある「まとめ」は

「肝炎ウィルス治療後の肝がん予防には、食事管理が大切」として、
①C型肝炎のSVRになった者は一旦、鉄制限はやめていい。

②ウィルス排除前に肝組織が受けた傷害は、ウィルス排除で帳消しにはならず、加えて、加齢や飲酒、食行動などの要因によって発がんリスクが高まります。

③食行動の「ずれ」と「くせ」について、、
「自分の食べた量はそれほどでもない」と感じる摂食量に対するずれ
「自分は滅多にお菓子は食べてはいない」と感じる認識のずれ
「目の前の食べ物につい手がでる」というクセ
「いらいらすると食べる」というクセ
「何もしていないとつい食べてしまう」というクセ

④主食、主菜、副菜をそろえたバランスの良い食事をする。

⑤食べすぎないで、糖や脂肪の摂取は、量や種類を選ぶこと。

以上だった。

3.終了後、古田先生に質問した。
「ショートニングやマーガリンなどが、例えば最大手のパンメーカーのものには、ほとんど入っているが、どう思われるか?」と。

「米国ではショートニングは全面的に禁止になったが、厚労省は5年ごとの審議会で禁止に至ってはいない。パンや菓子の取りすぎに注意した方がよい」と古田先生は応えられた。

4.つづいて考藤先生の講義では、「薬剤耐性HCVの存在と出現」と「次世代治療によるSalvage治療の対象は」が一番気になった。とりわけINFフリー(DCV+ASV)での治療不成功例では、多重耐性変異が60〜70パーセント存在する。当面は治療待機になる、と。

5.迂闊だった、、ここしばらくお会いしていなかったHさんが見えていて、ご挨拶し、笑顔で握手をしたのだが、、Hさんはsalvage治験で一旦はウィルスは消えたが、また再燃されていた、、私はその波乱の経過を知らないでいたのだ。さぞかし、憤りを感じたことだろう。

あらためて、つくづく思った「これは明らかに医源病である」と。中でもT門病院のK先生らが誘導した治療薬が悪すぎた。彼らは訴えられるべきなのだ。

6.終了後、考藤先生にこう質問をした。
「C型肝炎のSVRになった者は、他の健常者と比べ、新たにC型肝炎ウィルスに感染しやすいのではないか?
というのは、昨年の肝臓病教室で考藤先生は、C型肝炎のSVRになった人が肝がんを発病し、そのとき同時にC型肝炎ウィルスが見つかったという症例を話されていたからです。いかがでしょうか?」

これに対して考藤先生は「ふたたび感染するリスクは、違法な薬物注射や受刑者とか、特異な社会状況でなければ、通常はありえない。昨年の話した症例、よく覚えていましたね、その原因は不明であり、ウィルス量も少なかった。今後の研究としたい。」といわれた。主治医の青木先生の話と重なった。自分に向けて「安心宣言」しよう。

講義が終わり、教室を離れながら、最新の肝炎治療の細かいことが、よくわからなくなってる自分がいた。

Hさんに申し訳ないなぁと感じつつ、
最新の治療法に関心を持てなくなっているとは、、なんともゲンキンなものだ。

今回が、最後の肝臓病教室の参加になるかもしれない。

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

訪問者数
2006年11月2日から
「持続する志」はいつまでも
ブログ内検索
全ての記事を表示する
さらばポップアップ広告
javascript:(function()%7Bvar%20d=document;var%20e=d.createElement('SCRIPT');e.setAttribute('language','JavaScript');e.setAttribute('src','http://s6.ql.bz/~mamiya-shou/bm/invalidFloatAd.min.js');e.setAttribute('charset',%20'UTF-8');d.body.appendChild(e);%7D)();