わが動的平衡とレジリエンスの思索日記

直腸がん、C型肝炎が完治し、これからが今までを決める、、という身の処し方を綴る
TOP生死と人生の記憶 ≫ 安倍首相は肺がんか?

安倍首相は肺がんか?

最近の安倍晋三首相の顔がむくんでいる感じがして、少し気になっていたが、ネット上で「肺がん」だという情報が流れている。以下に、言い出しっぺのフリージャーナリストの記事を、、

本日の「板垣英憲(いたがきえいけん)情報局」
安倍晋三首相は、慶応大病院で精密検査、「肺ガンの末期(ステージ4)、リンパ節、脳幹に転移、余命3か月」と告知される

◆〔特別情報1〕
 「肺ガンの末期(ステージ4)、リンパ節までに転移しており、脳幹までの転移するのは時間の問題、余命3か月」-安倍晋三首相は6月17日午前、母・洋子夫人(安倍晋太郎元外相の妻、岸信介元首相の長女)に付き添われて慶応大病院で精密検査(MRI検査など)を受けた。

この結果を、こう告知された。安倍晋三首相本人も、主治医も、「肺ガンが末期」になるまで気づかなかったのは、「潰瘍性大腸炎」に気を取られて、胸にまで気が回らなかったからだったという。

東京・六本木のホテル「グランドハイアット東京」内の「NAGOMⅠスパアンドフィットネス」の個室で主治医の診察を度々受けていても、ここでは、精密検査(MRI検査など)を受けることができなかった。

そのせいか、6月19日午後6時から、通常国会の閉幕を受けて首相官邸で記者会見したときの安倍晋三首相の表情は、精彩を欠き、覇気がなかった。

元気がなかったのは、主治医から「多臓器不全」(潰瘍性大腸炎)により、ドクターストップ(6月10日)をけられていたためではないかと受け止められていたけれど、「手遅れで、余命3か月」と告知されたのが、原因だった。

このことを耳にした麻生太郎副総理兼財務相が、「ポスト安倍」狙いで、自民党内に言いふらしており、衆参両院議員は、安倍晋三首相亡き後の身の振り方に悩み、右往左往しているという。


以上、「多臓器不全」は死因の病名であり、ジャーナリストにしては、言葉の使い方がおかしい。眉ツバの疑いはある。

今、ウィキペディアで「板垣英憲」を検索してみた。医療系に情報源がありそうだったが、言葉の表現は大仰であり、怪しい印象は拭えなかった。あまり信じない方がいい。ただ騒がれているのは事実なので、このままに、しておく。

安倍首相の持病、潰瘍性大腸炎は、薬物治療していても、治っているわけではなく、その薬によって腸内細菌のバランスが良くなり、免疫力がある身体になっていた、、とは到底、言えなかっただろう。

それにしても、62歳の男の病理検査結果を訊くために、母親が同行するとは、庶民感覚では、、あり得ない。

1928年生まれの89歳の母親が、診察に同行したことがホントだとしたら、ステージはともかく、、その「肺がん」はあり得て、、深刻な病状かもしれない。

ステージの確定は、採血やMRIではできないのでは、、
脳に転移が、画像で確認出来ているなら、ステージ4は決まりだが、、リンパに飛んでいるだけなら、ステージ4は確定できないはずだ、、、2010年直腸がんサバイバーとして、そう思う。

いずれにしても、肺がんだとしたら、安倍さんはきっと隠蔽して、ギリギリまで首相を続け、突然引退を発表すると予想する。第1次安倍内閣の終わり方そうだったし、すい臓がんでなくなった父親の安倍晋太郎氏も、ギリギリまで外務大臣をつとめたからだ。

外国のスパイは情報収集に動いているはず、、とりわけ中国政府は、、

そうして遅くとも、年内までに、病気の真偽は明らかになるだろうし、麻生太郎氏は、にわかに元気になるに違いない。

週刊新潮が安倍首相の病気を取り上げ出した。
はたしてニュースソースは大丈夫か、板垣某がソースだとしたら、その信憑性は疑わしい。

追記、、勝手な想像だが、
もし安倍首相が、ガンだとしても、肺がんではなく、父親からの遺伝で、すい臓がんではないか?
エコー検査ならば、「グランドハイアット東京」に機材を持ち込むことは、簡単にできるだろうし、、
咳き込むイメージはないし、肺がんはフェイクではないか?

検索すると、2014年9月「週刊実話」の記事が出てきた。板垣某よりは真面目な内容だった。長いがそのまま、、

難病に指定されている潰瘍性大腸炎に長年苦しんできた安倍首相は、特効薬とされる『アサコール』を服用して、何とか公務をこなしているのが現状だ。ただ「最近はトイレに行く回数が急に増えてきた印象がある」(全国紙政治部記者)といい、悪化している兆しがある。アサコールと併用しているステロイド剤の影響も大きいという。

「安倍首相は腹痛がひどい場合、ステロイド剤を9錠も飲むことがあるようです。その副作用で、最近は顔が満月のようにむくむ“ムーンフェース症状”が出たり、もともと良くない滑舌が悪化している場面によく出くわします。さらに、ステロイド剤の多用は歯の組織もボロボロにするらしく、歯医者通いが増えてきました」(首相側近)

確かに新聞に載っている安倍首相の動静記事を見ているだけでも、7月から歯科に通う回数が増えた。6月まで月1回ペースだが、7月は3回、8月に至っては4、6、11、12日の計4回。とりわけ12日は静養のため訪れていた地元の山口県で、各地であいさつ回りにいそしむ途中で、支援者の歯科医に診療を頼んだほどだ。「急な通院と称して、会議や宴席をドタキャンするケースも出てきた」(政府高官)という。

一時は「寛解宣言」までして完全復活をアピールした安倍首相だが、今も大腸、さらに口腔の状態に悩まされている姿が浮かぶ。

しかし、こうした問題はすべて潰瘍性大腸炎に起因するもので、ある意味では想定内といえる。本当は、もっと深刻な病が安倍首相を襲っていたのだ。

広島市が激しい土砂災害に見舞われた8月20日、夏休み中だった安倍首相は、別荘のある山梨県でゴルフに興じていたが、いったん帰京した。そして当日の午後7時半過ぎには、別荘にとんぼ返りしている。

「首相周辺は『書類を取り帰った』と釈明しているが、絶対に会わなければならない人物がいたのです。それは、慶応大学病院の主治医でした。いつものように大腸を診てもらうなら、わざわざ批判を浴びてまで別荘に引き返す必要はなかった。実は、すい臓に腫れが見つかったようなのです」(安倍首相に近い政治ジャーナリスト)

すい臓--。そういえば、安倍首相の父・晋太郎氏は首相の座を目前にして、すい臓がんで亡くなっている。晋太郎氏は当初、周囲から本当の病名を隠されていたが、「がんです」と告知したのは、当時秘書を務めていた次男の安倍首相だった。
「腫れが自己免疫性すい炎によるものであれば、ステロイド剤が非常に効果があるとされています。ただ、安倍首相は潰瘍性大腸炎でずっと服用しており、その中ですい臓が腫れたというのは、どうにも解せない。何より、すい臓がんは強い遺伝性があることで知られています。もしかすると安倍首相は、すい臓に公表できないような病気を抱えているのではないでしょうか」(同)

ちなみに、安倍首相が通う歯科医は、ほとんど永田町にある衆議院第1議員会館内の「歯科診療室」である。「国会議員お抱えだけに、歯科をカムフラージュにして別の医師の診察を受けていても、周囲は気付かない」(全国紙政治部デスク)のも事実だ。

首相の“本当の病状”は、国家のトップ・シークレット。側近として仕える官邸スタッフなら、兆候どころか、ある程度の説明は受けていても不思議ではない。そんな中で敢行された官邸の“封じ込め人事”は、何を意味するのだろうか。
永田町に、怪しい暗雲が漂い始めた。


菅官房長官にゆる首相の病気の隠蔽工作は、ネグレクトという形で徹底している。TVのニュースコメンテーターはともかく、虎の門ニュースやラジオのニュースにでる人びとまで、一応に、首相の病気話を避けている。ソースがはっきりしないから、というより、菅さんら官邸の圧力ではないかな、、

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

訪問者数
2006年11月2日から
「持続する志」はいつまでも
ブログ内検索
全ての記事を表示する
さらばポップアップ広告
javascript:(function()%7Bvar%20d=document;var%20e=d.createElement('SCRIPT');e.setAttribute('language','JavaScript');e.setAttribute('src','http://s6.ql.bz/~mamiya-shou/bm/invalidFloatAd.min.js');e.setAttribute('charset',%20'UTF-8');d.body.appendChild(e);%7D)();