わが動的平衡とレジリエンスの思索日記

直腸がん、C型肝炎が完治し、これからが今までを決める、、という身の処し方を綴る
TOPその他、諸事雑感 ≫ 気分一新、タイトルをシンプルに

気分一新、タイトルをシンプルに

タイトルを変えた。今まで「がんパラダイムシフト」とか「レジリエンス日記」とか、ダラダラ長めのタイトルにしていたが、短めの言葉にした。他人に検索されやすいかなんて考えてはいない。自分が、そのときそのとき、大事だと思うキーワードが表示されていれば、それでいい。なので、カメレオンのように、今後もまたタイトルは変わるだろうが、今までとおり、自己本位で書き続けることだけは一貫している。お約束できるのは一つ、このfc2がシャットダウンしない限り、死の間際まで、書くつもり、ということだ。それが、多くのがんや難病で亡くなられた、ブログを書かれていた方々への報恩になる、と思っているからだ。これは理屈でなく感情からくるものだ。

このタイトルへの思い入れはまた次回にする。

1.月曜に歯医者に行った。左に上の奥歯のかぶせ物がとれてしまったからだ。これで3回目。鶴岡先生はもう土台がくずれてしまっているから、接着の応急措置は無理と言われた。思案のすえ、両隣りの歯を使ってブリッジ入れ歯にすることに決めた。もとより相当悪い歯の持ち主だが、いよいよ入れ歯かとやや感慨ふかいものが、一瞬はしった。63歳なのだから仕方がないと覚悟した。また、反対の歯に虫歯がいくつかあるが、何か事情は、先生に言われた。毎日、歯磨きはしているし、これといって、虫歯発生の原因は思い浮かばないとこたえた。が、この半年で体重が増加していること、発泡酒を一缶、ほぼ毎日飲むようになったこととか、口内環境が悪化して来ているのかもしれない。

2.今、読んでいる本は
①藤田孝典「続・下流人間」(朝日新書) 下流、中流、上流と流れ字が入ることは啓示になった。
②金成隆一「ルポ トランプ王国」(岩波新書)
③室谷克実「悪韓論」(新潮選書)



Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

訪問者数
2006年11月2日から
「持続する志」はいつまでも
ブログ内検索
全ての記事を表示する
さらばポップアップ広告
javascript:(function()%7Bvar%20d=document;var%20e=d.createElement('SCRIPT');e.setAttribute('language','JavaScript');e.setAttribute('src','http://s6.ql.bz/~mamiya-shou/bm/invalidFloatAd.min.js');e.setAttribute('charset',%20'UTF-8');d.body.appendChild(e);%7D)();