折れない心=レジリエンス日記「これからが今までを決める」1991年から25年にわたるC型肝炎と乾癬の闘病を、そして2010年の直腸がんをと、その三病を完治させた楽観主義者の自立ノート

身体「毎日1兆が生滅する60兆の細胞」の司令塔こそ、究極の主治医と見なして、アッパレ!100歳をめざし三病息災・健康長寿をもくろむ、具体の内部生命論です★
TOP乾癬治療の思索行 ≫ 乾癬のその後

乾癬のその後

昨夜、500mlの第三のビールを1缶だけ、飲んだが、少し多いと感じた。私は、少しでいいのだ。さて、いつもそうだが、この記事も尻切れトンボで終わる。あとで、書き加えるやり方が、性に合っている。

1.乾癬がぶり返して来ている。練馬総合病院の皮膚科に乾癬外来という表示があったので、問い合わせると、乾癬に詳しい皮膚科の医師がいるわけではなかった。いったんは予約を入れたが、担当医師の女医は2005年卒のようで、30代後半か、問診に応えるカタチで、わたしの病歴を語っても、その医師には、理解できないだろうなとみた。皮膚科の医師に、優れた人は、あまりいないのではないか。乾癬の場合、情報の非対称性は、医者と患者との関係はマ逆で、病歴が長ければ長いほど、患者の方が、情報量が優っているのではないか、と見ている。

2.おまけに、そこは予約料540円を別途とる、という。お金を払って、懸命にわが乾癬歴の話をしてあげても、大した治療法は出てくるとは、思えない。乾癬外来の看板の意図は、光線治療でお金をとることにあるのだろう。

3.けれど、乾癬の軟膏がなくなってしまい、身体のかゆみは著しい。わたしの「駆け込み寺」である南町医院に受診することにした。ネット予約の順番は30番以上、今日はまたなんで混んでいるのだろうと思いつつ、これが永田医院長の地域密着医療の力なのかと敬服。19時すぎ、互いに勝手知ったる感じで、血圧とBMIと対話は正味3分、、だがけっこう響く。

「きゅうに4kgも増えれば、乾癬がまた出てきてもおかしくないんじゃないの」

「C型肝炎、ウィルスが消えたからと油断しちゃダメ、、まだエビデンスがないんだから、経過観察することが大事!」

、、笑顔を浮かべながら、そんな風なことを永田医院長は言われた。

処方箋は ドボネックス軟膏とトプシム軟膏の混合(この方が安上がり)ヘパリン類似物質油性クリーム、ロキソプロフェインとドボネックス以外はジェネリック薬である。これで十分、高い医薬品は要らない。ちなみに、診察料1320円、薬代3460円、計4780円。次回は6月に受診しよう。

医院長もだいぶ年をとられた、感じがしたが、やっぱ、徐々に心に刺さってくることを言ってくるなぁ、この先生は、と1991年8月21日の、C型肝炎告知の夜を思い出させてくれた。

その夜「原因がわかったよかったじゃないか」と言われ、、ギョッとして、奈落に落ちる感じを思いっきり味わったなぁ、、

ともあれ26年前と同様に今回も、、情報の対称性、非対称性はどうでもよくなり、イッポン、とられた感じになる。それが心地いい。AB型かな、医院長も?

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

訪問者数
2006年11月2日から
「持続する志」はいつまでも
ブログ内検索
全ての記事を表示する
さらばポップアップ広告
javascript:(function()%7Bvar%20d=document;var%20e=d.createElement('SCRIPT');e.setAttribute('language','JavaScript');e.setAttribute('src','http://s6.ql.bz/~mamiya-shou/bm/invalidFloatAd.min.js');e.setAttribute('charset',%20'UTF-8');d.body.appendChild(e);%7D)();