折れない心=レジリエンス日記「これからが今までを決める」1991年から25年にわたるC型肝炎と乾癬の闘病を、そして2010年の直腸がんをと、その三病を完治させた楽観主義者の自立ノート

身体「毎日1兆が生滅する60兆の細胞」の司令塔こそ、究極の主治医と見なして、アッパレ!100歳をめざし三病息災・健康長寿をもくろむ、具体の内部生命論です★
TOP影響を受けた人々 ≫ 20年ぶりの対話

20年ぶりの対話

先週金曜、20年ぶりにカンザキさんにお会いした。前職時代の先輩で、縷々お世話になった。

1991年11月にC型肝炎で入院したときにお見舞いにきてくださった。その頃書いていた3年日記にカンザキさん名が出てきていて、懐かしく、またスマホのlineに表示されていたので、お礼の報告をした次第。ことのほか歓んでくださり、その日、西新宿でランチをすることになった。懐かしい「スンガリー」に入った。加藤登紀子さんの店だ。今もあること、混んでいることに、いささか驚きを感じた。

1.カンザキさんは66歳になっていた。やや太っていて、少し印象が違っていた。10年くらい前に離婚し、7年くらい前に再婚したという、お相手は20歳下で、お子さんを欲しがっているようで、不妊治療をされていると。もう、難しいかもしれないとも、言っていた。女性の、高齢出産だと障害をもつ子が生まれるリスクもあるなと思った、現に従妹の子どもがそうだったから、、そう思いつつ、口には出さなかった。

2.わたしもカンザキさんも採用したのは豊田さんという、一種独特のカリスマ性のある代表権者だった。だが、、結果的に詐欺まがいの話に有頂天になり、いろんな人から金をひっぱり、すっかり晩節を汚してしまった。さらに痴漢行為、、カンザキさんは相当な支援をしたが、絶交したようだ。採用された私たちが言うのは変だが、人を見る目がないお人だったのかもしれない。

3.その会社は、当時、よく人が病や事故でなくなる会社だったのかもしれないと、話していて気づいた。肺がん末期の今西さん、バイク事故死の椎名さん、酔ってホームで吐いているところに電車が入ってきて頭を飛ばされた人とか、、数えると8人はいた。正社員は300人程度の会社なのに、、

4.話していて、世間的にブラックな会社ではなかったが、早期退職したことは正解だった、悔いはなかった。
カンザキさんは在籍中の最後の仕事として、プレゼンで競合に勝った話は秀逸だった。見積金額ば倍違っていたのに、長期的な瑕疵担保責任をブランドとデザインの視点から強調し、受注したのだ、という。

5.わたしも自慢話をした。
在籍最期の3年間の損保営業で、新築物件の長期火災保険、それも35年の長期火災保険を売りまくる仕組みをつくり、軌道に乗せた。「長良川鵜飼方式」と勝手に呼び、営業仲間のイメージを醸成させた。親会社の新築物件を成約させた住宅営業マンに長期火災保険の話をしてもらい、保険契約を決まると、住宅営業マンに商品券を上げるスキームだった。こちらは子会社なのにナメタ企画だったが、軌道に乗ると、雪だるま式に売上は伸びていった。私が退職した後、商品券スキームは無くなり、親会社である住宅営業本社が本腰を入れ、より機能的なグループ会社の組織改編がなされていった。

2015年に損保業界が長期火災保険は最長10年と短縮されるまでに、この会社は突出して、売りに売りまくった。何しろ一件1000万円の保険料をたたき出す営業マンもいたのだから、、出るクイは打たれるで期間短縮になったのだ、と推測している。。カンザキさんは微笑みを浮かべながら聞いていてくださった。

6.旧姓クゲモトさんの話になった。とっくに東京にもどっていて、ヨガ教室を主宰しているようだ。やにわに私をスマホで撮り、lineで彼女に転送していた。懐かしい、最後に会ったのは、1996年頃か、東京駅で握手して別れた、ような気がする。家に戻って検索すると、なるほど彼女はいい表情になって、いた。逡巡の憂いのような面影は消え、自信、チャクラが開いるような感じがした。

7.先日、いただいた宮本輝さんの「おめでとうございます。長いあいだ闘い抜いたことでハーボニーという新薬と出会えたんですね。毒を出し切って、これからは宇宙の永遠の大生命を満喫する日々ですね。」という言葉、その話をカンザキさんに話すと、強い関心を示された。驚いた、カンザキさんは小説を10作近く書かれていたのだ。すばらしい、、と思わず、拍手をした。文章の型、文体が大事だと言われ、、三島由紀夫の「金閣寺」はやっぱいいと言われていた。私は三島由紀夫は苦手なので、うなづくだけだったが、、

やはり一対一の対話はありがたい、、さまざまなことが徐々に見えてくる、わかってくる。

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

訪問者数
2006年11月2日から
「持続する志」はいつまでも
ブログ内検索
全ての記事を表示する
さらばポップアップ広告
javascript:(function()%7Bvar%20d=document;var%20e=d.createElement('SCRIPT');e.setAttribute('language','JavaScript');e.setAttribute('src','http://s6.ql.bz/~mamiya-shou/bm/invalidFloatAd.min.js');e.setAttribute('charset',%20'UTF-8');d.body.appendChild(e);%7D)();