わが動的平衡とレジリエンスの思索日記

直腸がん、C型肝炎が完治し、これからが今までを決める、、という身の処し方を綴る
TOP生死と人生の記憶 ≫ 鳥みき忘年会

鳥みき忘年会

29日に「ミレニアム4」を読了した。ラーソンの遺稿の補筆ではなかった。著作権者と出版社の依頼のもと、ダヴィド・ラーゲルクランツが書き上げたものだった。リスベットが一段と屹立していて、かっこいい。ミレニアム4はハリウッド映画になるようだ。そらにミレニアム6まで構想はあるようだ。妹との対決もあるだろし、、楽しみだ。

きのう30日、19時に鳥みきで恒例の忘年会。パドルテニスの件で、典子さんの叱責あり、ごもっともと詫びた。右足の痛みで、ずっと参加を怠っていたからだ。

今年は長女を連れていかなかった。長女から断ってきた。正直、いない方が解放感があっていい。この二、三年がつまらなかったのも、そのせいかもしれなかった。

鈴木陽ちゃんが、ひさしぶりに来ていた。奥さんが親の介護で倒れてしまい、意識がないのだという。また克己の奥さんも、親の介護で岡山にいるらしい。私たちの世代は、親の介護でバタバタして、忙しい、とあらためて思った次第。

宮本家は、宮本さんはジョギングしていて不参加、奥さんと三男が、いた。三男も中二だという。長男は自動車学校に入社したと。月日はアッというまに、、流れるな、、


Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

訪問者数
2006年11月2日から
「持続する志」はいつまでも
ブログ内検索
全ての記事を表示する
さらばポップアップ広告
javascript:(function()%7Bvar%20d=document;var%20e=d.createElement('SCRIPT');e.setAttribute('language','JavaScript');e.setAttribute('src','http://s6.ql.bz/~mamiya-shou/bm/invalidFloatAd.min.js');e.setAttribute('charset',%20'UTF-8');d.body.appendChild(e);%7D)();