わが動的平衡とレジリエンスの思索日記

直腸がん、C型肝炎が完治し、これからが今までを決める、、という身の処し方を綴る
TOP健康と病いのこと ≫ カテキンと口内フローラ

カテキンと口内フローラ

2014年に直腸がん手術された、52歳?東京の男性のブログを、ひさびさ、訪問した。肛門に近いがんだったのだろう、排便に苦労されているようだ。がんが肛門から何センチ離れているかで、予後の生活の質の差に、相当の違いが出て来る。

6年前の直腸がんは肛門から7cmだったわけで、わたしは幸運だったのだ。今、排便はスムーズにいっている。感謝。

口から肛門まで、ひとはミミズとかわらない「一本の管」だと聴いた記憶がある。

なので、先週「ガッテン」で、腸内フローラではなく、「口内フローラ」を取り上げたとき、さもありなんと納得した。そして悪玉と善玉の割合が1:9が望ましいようだ。志の輔さんが善玉が10だとバランスが悪いらしい。「だれが善玉か悪玉か、わからなくなってしまう」と、、何気に、深い。

悪玉菌は、むし歯菌と歯周病菌が主な菌だと言われた。

そうして、歯周病菌を退治するには緑茶、カテキンでうがいするのがよい、と。これが今回のキモだった。

実は、カテキン粉末茶を常用している。カテキン茶でブクブクを、ときよりやってしまうことがある。長女に見つかると、いつも咎められてしまっていた。けれど、それで良かったんじゃん、、

それから夜の歯磨きのあと、カテキン茶ぶくぶくを意識してやってみた。その3日後、半年おきの歯科検診、メンテナンスで、歯科衛生士から前回より歯垢は少ない、と言われた。

引き続き、カテキンぶくぶくをやって行くことにしよう。

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

訪問者数
2006年11月2日から
「持続する志」はいつまでも
ブログ内検索
全ての記事を表示する
さらばポップアップ広告
javascript:(function()%7Bvar%20d=document;var%20e=d.createElement('SCRIPT');e.setAttribute('language','JavaScript');e.setAttribute('src','http://s6.ql.bz/~mamiya-shou/bm/invalidFloatAd.min.js');e.setAttribute('charset',%20'UTF-8');d.body.appendChild(e);%7D)();