わが動的平衡とレジリエンスの思索日記

直腸がん、C型肝炎が完治し、これからが今までを決める、、という身の処し方を綴る
TOP直腸がん予後の話 ≫ 存在とは、コトバとなった音である

存在とは、コトバとなった音である

(今、2016年11月23日の18:45、遡って書いている)

26日は術後の痛みにさいなまれた。痛ければ、背中からの硬膜麻酔を自分で入れることになる。開腹手術は侮れないな、、

1.術後の3日間は、当直医や看護師にいるブースに近い個室に入った。4人部屋のサイドにあった引き出しはそれごと入れ替えられていた。そういう病院のプロトコルだった。また翌日には歩行するように促され、管がついたまま、個室のドアまで歩いたが、、それが限界だった。発熱もした。あとは、ひたすら眠った。

2.個室は苦手だった。ドアの開け閉めの音が、癇に障った。意識はうつらうつらしていても、その音がうるさいのだ。個室は人生の終焉を迎える場所でもあった。あとでわかったが、神妙な表情の親族がつらなって入っていく場面を2度ほど、見た。

3.にわかに、思い出した、、
この日の出来事は、2013年10月にも書いていた。何かがあった日なのだ。

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

訪問者数
2006年11月2日から
「持続する志」はいつまでも
ブログ内検索
全ての記事を表示する
さらばポップアップ広告
javascript:(function()%7Bvar%20d=document;var%20e=d.createElement('SCRIPT');e.setAttribute('language','JavaScript');e.setAttribute('src','http://s6.ql.bz/~mamiya-shou/bm/invalidFloatAd.min.js');e.setAttribute('charset',%20'UTF-8');d.body.appendChild(e);%7D)();