わが動的平衡とレジリエンスの思索日記

直腸がん、C型肝炎が完治し、これからが今までを決める、、という身の処し方を綴る
TOPさかのぼり自分史 ≫ 髪を切りに行く

髪を切りに行く

1.先日、2ヶ月ぶりに髪を切った。ボサボサなのも嫌だったが、ヘナが落ち、白髪が目立つのが気になったからだ。いつも三鷹駅南口まで、行っている。28年前から、そこに通っている。

2.そういえば25年前、1991年11月だった、一番最初のインターフェロン投与のために、2週間、御茶ノ水の順天堂病院に入院したとき、許可をもらって、三鷹のその店まで切りに行ったことを、思い出した。

3.その頃、全身倦怠感の極致で、秋の枯葉とか、夕陽がセピア色に見えてしかたがなかった。友人が見舞いに来てくれ、待合室で話していると、すこし離れたところにいた同じ階の患者さんも、セピア色に見え、あぁ、俺はどうなっちゃうんだろうとつぶやくと、、友人が「あの人は黄疸が出ているね」と言ったので、あっそうかと納得した。

4,血液型がAB型と判明したのも、その病院だった。昔、日大病院で扁桃腺手術をしたとき、耳から採血されB型と言われた。なので、ずっとB型と思い込んで生きてきたのだ。そのことを順天堂の若い担当医に告げると、「それは、日大の医師がAB型と言ったのを『エ〜ッと、B型です』と聞き違えしたのでは?」と切り返された。落語のようで笑ってしまった。

5.当時、その病院に、長谷川労働大臣が入院していた。おかげで、宮沢喜一や福田赳夫 など、偉い政治家をまじかに見た。福田さんは単身でひょいと歩いていて、黒澤の映画に出てきそうな人だった。

6.もう一つ、1階のエレベーターで待っていて、扉が空くと、パジャマ姿の小さな可愛らしい男の子が出てきて、驚いた、頭の左右に緩やかなツノが出ていたのだ、、キケイか、そう生まれて来る子も、と素朴に驚いた、だからなに?だが、そのことを書いておきたい。

7.外出許可は、もう1回とって、東京モーターショーに一人で行った。チケットがあったからだと思うが、、わかったのだ、自分はクルマにはさして関心がないことを。どんな車が出ていたか、全く覚えていない。シーマかな、そんなクルマがあったっけ、、

8.戻る。三鷹の店に行くと、開口一番、いつも「福田さんは来ました?」とオーナー店長にたずねる。次に店長の父親の体調をうかがう。大腸がんステージ4で、肝臓に転移しているが、大丈夫そうで、ひとまず安心する。

9.店長に「前回、ヘナをやっても、すぐとれてしまったんだけど」と尋ねると、
「ヘナは、髪の毛のタンパク質がしっかりしていると、落ちない」と言ってくれた。
そうか、そのタンパク質とは、コレステロールだなと気づき、、

10.「卵とコレステロール」を検索すると、、

卵は髪の毛を健康に保つために必要な4つのミネラル、セレニウム、鉄、亜鉛、硫黄が含まれています。

それだけでなく、タンパク質やビオチンもたっぷりと含まれています。ビオチンとは、髪の毛の成長を促し、頭皮全体を健康に保つ、ビタミン B 群に分類されるビタミンの一種です。

また毛根細胞に酸素を供給するために必要な鉄分も豊富に含まれています。そもそも卵一つで、ひよこができる事を考えれば含まれる栄養素は計り知れないといえますね。「完全栄養食品」と呼ばれるのも納得です。

卵の話になった時に欠かせないのが、コレステロールの話です。私も昔は親から「体に悪いコレステロールがたまるから」と聞かされ、卵の食べすぎに注意していました。しかし、現代の医学では卵を食べてもコレステロール値は上がらないという事が解明されています。

髪のためにも卵は毎日積極的に摂取していきましょう。


一段と意識して、1日3個以上、ゆで卵をたべよう!

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

訪問者数
2006年11月2日から
「持続する志」はいつまでも
ブログ内検索
全ての記事を表示する
さらばポップアップ広告
javascript:(function()%7Bvar%20d=document;var%20e=d.createElement('SCRIPT');e.setAttribute('language','JavaScript');e.setAttribute('src','http://s6.ql.bz/~mamiya-shou/bm/invalidFloatAd.min.js');e.setAttribute('charset',%20'UTF-8');d.body.appendChild(e);%7D)();