折れない心=レジリエンス日記「これからが今までを決める」1991年から25年にわたるC型肝炎と乾癬の闘病を、そして2010年の直腸がんをと、その三病を完治させた楽観主義者の自立ノート

身体「毎日1兆が生滅する60兆の細胞」の司令塔こそ、究極の主治医と見なして、アッパレ!100歳をめざし三病息災・健康長寿をもくろむ、具体の内部生命論です★
TOPC型肝炎治療の話 ≫ 遠ざかるC型肝炎

遠ざかるC型肝炎

1.引き続き、体調はいい。体重が65kgだいに突入。2kgオーバーしている。毎朝体重測定し卓上カレンダーに記録しているが、ダイエットはしない。筋肉をつけたい。C型ウィルスは消え、大腸がんの転移もないだろうから、これからは骨を強くし、筋肉をつけることが大事になる。

2.14歳6カ月になったコーギーのモモに、1年くらい前からビタミンCを朝晩1錠ずつ、砕いて、ドックフードに入れて食べさせている?そのせいか、白内障が目立った形では、出ていない。なので、今月から私も意識して、モモと同じビタミンC錠を1日3錠くらい、適当に飲むようにしている。ナトリウムフリーなので、噛み砕いても、大丈夫だ。

モモは右目の下が、1年前から眼窩下膿瘍(がんかかのうよう)になっている。それは口腔内の炎症が深部に広がり、上あごの骨を溶かし、目の下が腫れ上がり、膿が出てくる病気。消毒と軟膏を塗っている。ところが最近、左目の下も、そうなりそうだ。そろそろエンディングになるのかな、、

3.昨夜は、1歳8ヶ月の次女と、初めて風呂に入った。泣かれることもなかった。徐々に長女のときのやり方を思いだした。髪を洗ったとき、何の抵抗もなく、拍子抜けした。長女のときは、ずいぶん抵抗されたような記憶がある。

4.肝炎が遠ざかって行く。このように健康になってみると、もっと前にこうなっていたらよかったのに、、と欲はつきない。煩悩に際限は、ない。



にほんブログ村 病気ブログ C型肝炎へ
にほんブログ村

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

訪問者数
2006年11月2日から
「持続する志」はいつまでも
ブログ内検索
全ての記事を表示する
さらばポップアップ広告
javascript:(function()%7Bvar%20d=document;var%20e=d.createElement('SCRIPT');e.setAttribute('language','JavaScript');e.setAttribute('src','http://s6.ql.bz/~mamiya-shou/bm/invalidFloatAd.min.js');e.setAttribute('charset',%20'UTF-8');d.body.appendChild(e);%7D)();