折れない心=レジリエンス日記「これからが今までを決める」1991年から25年にわたるC型肝炎と乾癬の闘病を、そして2010年の直腸がんをと、その三病を完治させた楽観主義者の自立ノート

身体「毎日1兆が生滅する60兆の細胞」の司令塔こそ、究極の主治医と見なして、アッパレ!100歳をめざし三病息災・健康長寿をもくろむ、具体の内部生命論です★
TOP第二子のこと ≫ 水遊び

水遊び

1-1.昨日は思いのほか暑かった。午前中、家内は保育園の七夕まつりの打ち合わせで外出。そこで11時から、ビニールプールを玄関先に出し、空気入れに15分をかけ、長女と次女が水遊びを始めた。二人の歓声が響き渡り、水風船をプールに浮かべ、はしゃぎだした。去年の夏は、生後8ヶ月で何が何だかわからず、次女はキョトンとしていたが、昨日は、はじけて実に楽しいそうだった。玄関のかまちに腰掛け、缶ビールを飲みながら、二人を見ていた。初夏の日射しの、この光景こそ、幸せのカタチなのかもしれない。

1-2.ご近所の関◯さんが犬の散歩で家の前を通った。水遊びではしゃぐ声をちょっと見て、微笑みながら過ぎ去った。犬の散歩で、いつの頃からか、あいさつするようになった。たぶん、関◯さんは私と同じ世代か、わたしより少し下の世代だが、二人のお子さんは男の子で二十歳前後だ、、我が家とは対照的だな、、我が家がイレギュラーなのは重々承知のことだが、、

1-3.道をはさんで向かいの岡◯さんが、ビニールプールに近づいてきて、長女と次女に語り始めた。三人とも楽しそうだ。しばらくして家内が保育園の打ち合わせから戻ってきたので、バトンタッチ。そのうちに「今年は水遊びをいっぱいやらう」と家内が宣言していたな、、

2.その夜、歯間ブラシをしていると、右上の奥歯、かぶせてある一本がポロっと、あっけなく抜けてしまった。老化を感じた。金曜朝一に。歯医者に診てもらうことに。



にほんブログ村 病気ブログ C型肝炎へ
にほんブログ村

Comment

子ども歓声
編集
akioさんへ

子どもたちのはしゃぐ声って、
ご近所には迷惑なことではと
気にしつつ、心地よいものでした。

あんな無邪気な笑い声は
今だけかなと、感じていました。

そうだ、7/2は用事があり、不参加です。
ではまた、、ありがとうございました。
2016年06月28日(Tue) 21:53
幸せのカタチ
編集
山口さん、こんばんは~♪

暑い夏の日に、プールではしゃぐこともたち。
その様子が目に浮かぶようです。

ほんと、これこそ 幸せのカタチ !
この思い出が心を支えてくれるのでしょうね。

ではまた~♪
2016年06月28日(Tue) 20:46












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

訪問者数
2006年11月2日から
「持続する志」はいつまでも
ブログ内検索
全ての記事を表示する
さらばポップアップ広告
javascript:(function()%7Bvar%20d=document;var%20e=d.createElement('SCRIPT');e.setAttribute('language','JavaScript');e.setAttribute('src','http://s6.ql.bz/~mamiya-shou/bm/invalidFloatAd.min.js');e.setAttribute('charset',%20'UTF-8');d.body.appendChild(e);%7D)();