折れない心=レジリエンス日記「これからが今までを決める」1991年から25年にわたるC型肝炎と乾癬の闘病を、そして2010年の直腸がんをと、その三病を完治させた楽観主義者の自立ノート

身体「毎日1兆が生滅する60兆の細胞」の司令塔こそ、究極の主治医と見なして、アッパレ!100歳をめざし三病息災・健康長寿をもくろむ、具体の内部生命論です★
TOP直腸がん予後の話 ≫ 大腸内視鏡検査の結果

大腸内視鏡検査の結果

書き忘れていた。9日に大腸内視鏡検査をしていたことを。2010年の直腸がん手術から6年になる。

毎年、検査は田中陽樹先生。
意識がボヤッとする注射はうたない。
が、全く不安はない。
今まで同じで、大腸の入り口まで挿入は速かった。3分間くらいか

1年に1回の検査なので、こまかいことは忘れてしまう。朝飲んだ下剤は二フレックではなく、モビプレップに変わっていた。2リットル、これが辛い。0.5リットル残したまま、関東病院へ。

上行結腸の根元まで到達したとき、盲腸、虫垂のところを見せて欲しいとお願いし、じっくり見ることができた。今回は気持ちに余裕が出来ていたな、、
「腸内は年齢より若い」と田中先生は言われた。
自分には比べようもないが。ただ、6年前より腸内の状態は良好に思えた。

大腸はどこも問題はなかった。かつていだいた再発のビビりはない。我が事ながら、変われば変わるものだと感じた。

大腸内視鏡検査は職人芸に近い。来年も田中陽樹先生にお願いしよう。



にほんブログ村 病気ブログ C型肝炎へ
にほんブログ村

Comment

No title
編集
sunnysideさんへ

3年おきの大腸内視鏡検査は、
理想です。いずれ私も3年ごとにしたいです。

腸内フローラと虫垂はとても深い関係がある
としって、今回は自分の腸内をじっくりみよう
と決めてました。

検査をしてくれた田中先生は、虫垂は
無駄な、意味のないものと言ってましたが、
(それは違う)と即こころの中で、思いました。

では、また近いうちに、お会いしましょう。
ありがとうございました。
2016年05月17日(Tue) 11:58
モビプレップ
編集
akioさんへ

モビプレップは1リットルと
500ccのお茶で大丈夫と知り、
納得しました。

二フレックのときより、
透明になるのは、速かった感じ?でしたので。

ありがとうございました。

akioさんとさまざま対話ができて、
ホント、感謝しております。

今週、村田先生から電話がなければ
SVR13に到達します。
さて、どうなるか、楽しみです。
2016年05月17日(Tue) 11:43
No title
編集
大腸鏡お疲れ様でした。大腸癌は肝臓癌と同じ沈黙の殺し屋
私も十数年前にポリープが2ヶあったのでそれ以来毎年していましたが、一昨年からは3年毎でOKがでましたので次回は来年です。
おっしゃるとおり胃カメラ、大腸鏡ともに医師の腕次第です。
腕の良い医師ですと安心してお願いできますね、
私も意識が朦朧とするような麻酔はしません、あれをすると貴重な時間 半日が無駄になってしまいます。
胃カメラはバリウムが嫌いですから毎年受けています。

腸は最近、腸内フローラで注目を浴びています。
腸を健康に保つことは絶対に肝臓にも良いと確信しています。
2016年05月17日(Tue) 11:28
No title
編集
山口さん、こんにちは~♪
大腸内視鏡検査、お疲れさまでした~!
異常なしということはポリプもなしですよね。
それなら安心、よかったですね!

ニフレックがモビプレップに変更になっていましたか。
基本はモビプレップ1リットルと500ccのお茶や水を飲めばよいので、
原則2リットルのニフレックよりは楽になったと思います。
そろそろ私も大腸内視鏡検査を受けようかなと思っています。

ではまたね~♪
2016年05月16日(Mon) 09:46












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

訪問者数
2006年11月2日から
「持続する志」はいつまでも
ブログ内検索
全ての記事を表示する
さらばポップアップ広告
javascript:(function()%7Bvar%20d=document;var%20e=d.createElement('SCRIPT');e.setAttribute('language','JavaScript');e.setAttribute('src','http://s6.ql.bz/~mamiya-shou/bm/invalidFloatAd.min.js');e.setAttribute('charset',%20'UTF-8');d.body.appendChild(e);%7D)();