折れない心=レジリエンス日記「これからが今までを決める」1991年から25年にわたるC型肝炎と乾癬の闘病を、そして2010年の直腸がんをと、その三病を完治させた楽観主義者の自立ノート

身体「毎日1兆が生滅する60兆の細胞」の司令塔こそ、究極の主治医と見なして、アッパレ!100歳をめざし三病息災・健康長寿をもくろむ、具体の内部生命論です★
TOP家族と飼犬のこと ≫ 諸事雑感

諸事雑感

1.今朝は8:30に家を出て、保育園で着替えなど準備を終え、保育士に預けるために次女を抱きかかえると、次女は少し微笑んだ。きのうはすこし涙を浮かべたが、泣かなかった。長女のときと違い、順応がはやいかもしれない。

2.長女は、昨日、5年になっても、学校の合唱団を続けたいという。いったんは辞めると言っていたのだが、合唱の先生に続けて欲しいと言われたようだ。長女の意志がだいぶ出てきた。身長は141cmになっているし、昨夜、ふとまた身長が伸びた感じがした。この1年で変貌するのだろう。

3.昨夜もピケティの白熱教室を聞きながら眠った。ピケティその人に、過度な、思い入れしても意味はない。21世紀にマルクス偶像は要らない。ピケティは、過去300年分のデータに基づいて資本のメカニズムを注視することを、喚起してくれたのだ。大事なのは、資本は成長を上回るという現実だ。

4.わたしにできるのは、15年くらいのスパンで、子どもたちに資本のメカニズムを感じ取らせるような環境づくりなのだろう。ジュニアNISAを武器にして。

5きのうざっくり、401Kを概観してみたが、商品がよくないし、発展、拡大はしないだろう。
またスルガ銀行がかかわっていたりして、虫唾が走る。冷静に見て、街金以下であり、日本にあってはならない悪徳銀行だからだ。かかわった人にハッピーな人が、いったい何人いただろうか?

知恵袋にこうあった、
「スルガ銀行は,銀行法施行規則13条の6の7等に違反して,個人情報の違法収集を組織的に行っていましたが,我々が裁判を起こし(東京地方裁判所平成19年(レ)第467号),金融庁に違法事実について申立を行った後の平成19年12月に,日本で唯一の違法規定の廃止に追い込まれました。違法銀行スルガと闘う被害者の会VAIBSの回答でした。」

6.昔「金持ち父さん 貧乏父さん」は大いに売れた。わたしも買って読んだが、あの話はフェイクだった。その作者ロバート キヨサキを痛烈に批判する町山智浩氏の言葉を以下に。







にほんブログ村 病気ブログ C型肝炎へ
にほんブログ村

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

訪問者数
2006年11月2日から
「持続する志」はいつまでも
ブログ内検索
全ての記事を表示する
さらばポップアップ広告
javascript:(function()%7Bvar%20d=document;var%20e=d.createElement('SCRIPT');e.setAttribute('language','JavaScript');e.setAttribute('src','http://s6.ql.bz/~mamiya-shou/bm/invalidFloatAd.min.js');e.setAttribute('charset',%20'UTF-8');d.body.appendChild(e);%7D)();