わが動的平衡とレジリエンスの思索日記

直腸がん、C型肝炎が完治し、これからが今までを決める、、という身の処し方を綴る
TOPC型肝炎治療の話 ≫ 勝負の、終了後8週目の診察

勝負の、終了後8週目の診察

ハーボニー終了後8週目の今日、午後国府台病院に行った。さほど不安はない、C型肝炎が終息するかもしれない状況なのに、平静であり有頂天にはなっていない。もう、なるべくしてなる、、淡々と、肝炎のお仲間の方々のうしろについて一列に並んでいる、、ようなイメージに変容していた。勝負の8週なのに、平安寂静としていて、心境って、ホントに絵師のごとく、かわるものだなぁという感慨にひたる。

こころは想像以上に多様で、繊細だ。あたかも、小さなギアがいくつも噛み合い、回転しているように、微妙にして小さな心理の動きが一瞬一瞬重なり合って動いているわけで、肝炎のお仲間とのやりとりの機微、その影響は計り知れないほど、大きい。

選択のスイッチを入れるためには、まず人と対話することだ、と確信している。

採血の結果はつぎのとおりだった。

AST 18
ALT 15
γーGTP 13
アルブミン 4.7
血小板 18.9
白血球 51
M2BPGi 0.70(前回 0.67)
HCV 検査中(前回の第4週目は「検出せず」)

4月2日に皇居から後楽園まで16km歩いたので、まだカラダが回復してなかったから、全体の数値が低いのでは?と思った。

M先生は「AST18 ALT15と数値がおちついているのでウィルスはいないだろう。もし、再燃していたらその2つの数値は暴れ出すから」と言われた。

次回は第13週目の5月10日に検査する。25年間かけた「決算日」になる。

ここまで来たら、今度こそ、いい結果になるだろう。



にほんブログ村 病気ブログ C型肝炎へ
にほんブログ村

Comment

体組成検査
編集
sunnysideさんへ

ここにきて「一流の患者」という
言葉が浮かんで来ました。

一流のお医者さんかたにみていただき。
SVRになったあとは、できるだけ
肝臓の状態を注意深く、ケアする
患者の方々というニュアンスです。

sunnysideさんはその先頭におられますね、
なにしろ2015年2月に、
あのタブレット画像を見たとき印象は
強烈でしたから、、あの会は良かった。

体組成検査のこと、わたしも
いいタイミングでお願いすることにします。

情報、ありがとうございました。
2016年04月08日(Fri) 11:07
順調、順調
編集
全くの正常値ですね、
5月10日は私も検診日、その日は恒例の胃カメラもしていただきます。
こちらからのリクエストで喉の麻酔だけ、全身を朦朧状態にする麻酔は半日くらい時間を無駄にしますがこれですと終了後すぐに帰れます。
7月にはエコー、フィブロスキャンに先日古田先生がいっていた体組成検査の
インボディを2年ぶりに入れてもらう予定です。身体全体の筋肉、脂肪バランスを
見るのもおもしろいですよ、M先生に頼めば予約いれてくれます。
ではまたお会いしましょう。
2016年04月07日(Thu) 16:50
連休明け、
編集
akioさんへ

そうなんです、
連休があるので
SVR12でなくて、
SVR13になるかどうか、になんです。

また、前日の5月9日は、
1年前に予約した大腸内視鏡検査の日
ですので、病院通いが連チャンになります。

6月11日に、国府台で
肝臓病教室がありますので、
また楽しい語らいができたらいいな
と思っております。

今日はまだ桜は散ってませんね、、

それではまた
2016年04月05日(Tue) 23:02
No title
編集
山口さん、こんばんは~♪
「ハーボニー」治療終了8週目の診察、お疲れさまでした!
肝機能値は20以下と落ち着いているので、きっとSVR8はOKでしょう!
この調子で連休明けのSVR12をゲットいたしましょう~♪

きっと大丈夫ですから、連休はご家族でノンビリ遊んじゃいましょう!
ではまた~♪
2016年04月05日(Tue) 21:51












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

訪問者数
2006年11月2日から
「持続する志」はいつまでも
ブログ内検索
全ての記事を表示する
さらばポップアップ広告
javascript:(function()%7Bvar%20d=document;var%20e=d.createElement('SCRIPT');e.setAttribute('language','JavaScript');e.setAttribute('src','http://s6.ql.bz/~mamiya-shou/bm/invalidFloatAd.min.js');e.setAttribute('charset',%20'UTF-8');d.body.appendChild(e);%7D)();