わが動的平衡とレジリエンスの思索日記

直腸がん、C型肝炎が完治し、これからが今までを決める、、という身の処し方を綴る
TOP仕事と環境のこと ≫ みなし法人の承継?

みなし法人の承継?

1.私より一回り上、午年の経営者tmさんが末期がんで1月2日になくなった。(.あっ、わたしとイニシャルが同んなじだ)

2.tmさんは、一つの会社とは別に、みなし法人を一つ持っておられた。そのみなし法人を相続人にいかに承継させるか、ということで相談を受けている。みなし法人は税法上の特別扱いで、もうとっくに廃止されている程度しか知らなかった。相談を聞くと、顧問税理士の要望で、定款というか会則というか、その条項を用意して欲しい、と言われた。ただそれらしい会則がみあたらない、ついては遡って作って欲しい、という相続人からの依頼だった。

3.事業承継もさまざまあるだろうが、そうきたか?が、事業内容が、利益の源泉がいま一つわからず、ヒアリングが続いた。

4.米国のある団体とのライセンス契約に、どうやら旨味があるようだ。反社会的なものではない。わたしの趣向ではない世界なので、事業の全容はわからない。けれど、ひとまず、たたき台をつくり、もんでもらうことにした。2週間前の話だ。すぐ修正事項がその税理士から、上がってきた。ようやくイメージがまとまった。

5.昨日、会則案の見直しを済ませた。あとはふたたび修正を税理士から求められるかどうかだ。


どうやら私は経理屋ではなく、こうした法的な文案家が向いているのかもしれない。



にほんブログ村 病気ブログ C型肝炎へ
にほんブログ村

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

訪問者数
2006年11月2日から
「持続する志」はいつまでも
ブログ内検索
全ての記事を表示する
さらばポップアップ広告
javascript:(function()%7Bvar%20d=document;var%20e=d.createElement('SCRIPT');e.setAttribute('language','JavaScript');e.setAttribute('src','http://s6.ql.bz/~mamiya-shou/bm/invalidFloatAd.min.js');e.setAttribute('charset',%20'UTF-8');d.body.appendChild(e);%7D)();