折れない心=レジリエンス日記「これからが今までを決める」1991年から25年にわたるC型肝炎と乾癬の闘病を、そして2010年の直腸がんをと、その三病を完治させた楽観主義者の自立ノート

身体「毎日1兆が生滅する60兆の細胞」の司令塔こそ、究極の主治医と見なして、アッパレ!100歳をめざし三病息災・健康長寿をもくろむ、具体の内部生命論です★
TOPC型肝炎治療の話 ≫ ハーボニー終了直前

ハーボニー終了直前

1.今朝ハーボニー83錠目を8:42に飲んだ。これで残すこと1錠となった。もう、ウィルスの決着はついていることだろう。

2.日曜日の夜、MBTシューズを、その直営の目白店で買った。客は私だけ。30分試してみて、やっぱ、この靴はいいかも、と感じたからだ。

3.今、右足の裏、親指のつけねが痛む。ウィルス性の関節痛からきている?と見ている。整形外科の医者にはわからない。したがってウィルスが消えれば、痛みは消える、、はずだが、確実に痛みをとり除きたい。そこで購入した。高いが、ママチャリの買い替えをやめればいいやと。

4.MBTシューズの効果は、わたしの場合
①猫背がなおり立ち姿勢がよくなる。
②身長の縮みが改善される。
③足の裏の痛み、腰の痛みが改善される。
等が期待できる。

5.いきなり、ずっとは履かないようにして、徐々に歩き、、やがて11月の新宿青梅43kmをMBTシューズで歩いてみたい。

6.現在の症状
①頭痛や咳や便秘はない。
②肝臓あたりの痛みはないし、なんだか、憑き物がとれたような感じた。
③肩こりはある、足の裏の痛みはある。
④乾癬は下半身がまだ目立つ。ヒルロイドを塗らねば。

いよいよ明日は12週目が終わり、国府台病院の診察日だ。この後は、4週間ごとに3回の採血と診察になる。C型肝炎は5月に決着がつく。6年前の直腸がん手術も5月だったわけで、、けじめを付ける月になる。

追記、足の裏の痛みは
①母趾内転筋横頭(ぼしないてんきんよこがしら)
②短母指屈筋
③長母指屈筋
3つのいずれかの筋肉の炎症のようだ。



にほんブログ村 病気ブログ C型肝炎へ
にほんブログ村

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

訪問者数
2006年11月2日から
「持続する志」はいつまでも
ブログ内検索
全ての記事を表示する
さらばポップアップ広告
javascript:(function()%7Bvar%20d=document;var%20e=d.createElement('SCRIPT');e.setAttribute('language','JavaScript');e.setAttribute('src','http://s6.ql.bz/~mamiya-shou/bm/invalidFloatAd.min.js');e.setAttribute('charset',%20'UTF-8');d.body.appendChild(e);%7D)();