折れない心=レジリエンス日記「これからが今までを決める」1991年から25年にわたるC型肝炎と乾癬の闘病を、そして2010年の直腸がんをと、その三病を完治させた楽観主義者の自立ノート

身体「毎日1兆が生滅する60兆の細胞」の司令塔こそ、究極の主治医と見なして、アッパレ!100歳をめざし三病息災・健康長寿をもくろむ、具体の内部生命論です★
TOPC型肝炎治療の話 ≫ 第15クールの症状まとめ

第15クールの症状まとめ

1.ハーボニー60目は8:01に飲んだ。あと24錠。

2.ハーボニーのスタートは11月18日、そこから4日ごとに区切り、今日で第15クール(1月13日から1月16日まで)4日間が終わった。そこで症状をまとめておきたい。前クールと同じ内容でもよしとする。

①頭痛はしないが、痰はでる。風邪をひいて、治りにくい。温泉銭湯に行く気になれない。
②睡眠は、快適だ。
③乾癬は、変化なし。
④右の足裏、親指の痛みはある。マッサージをする。
⑤便秘はない。
⑥「肝臓の痛み」については、
*クシャミをすると肝臓の部位が痛くなるが、少し緩和された。
*朝、みぞおちから肋骨にそって触診し、さらに指圧すると、肝臓がへっこんできたなとわかる。腫れがひいた気がする。
⑦残り24日間、リンパマッサージを心がけよう。



にほんブログ村 病気ブログ C型肝炎へ
にほんブログ村

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

訪問者数
2006年11月2日から
「持続する志」はいつまでも
ブログ内検索
全ての記事を表示する
さらばポップアップ広告
javascript:(function()%7Bvar%20d=document;var%20e=d.createElement('SCRIPT');e.setAttribute('language','JavaScript');e.setAttribute('src','http://s6.ql.bz/~mamiya-shou/bm/invalidFloatAd.min.js');e.setAttribute('charset',%20'UTF-8');d.body.appendChild(e);%7D)();