折れない心=レジリエンス日記「これからが今までを決める」1991年から25年にわたるC型肝炎と乾癬の闘病を、そして2010年の直腸がんをと、その三病を完治させた楽観主義者の自立ノート

身体「毎日1兆が生滅する60兆の細胞」の司令塔こそ、究極の主治医と見なして、アッパレ!100歳をめざし三病息災・健康長寿をもくろむ、具体の内部生命論です★
TOPC型肝炎治療の話 ≫ ケンシュツセズは3週目に出ていた。

ケンシュツセズは3週目に出ていた。

1.今朝は寒かった。ハーボニー53錠目は7:29に飲んだ。

2.血液検査等の資料を整理していたら、3週目にケンシュツセズの帳票が出てきた。4週目かと思っていたが、1週早くそうなっていたようだ。第1週と第3週は、院内の検査ではなく、外部機関に委託していて、血液検査表には表示されなかったのだ。早くケンシュツセズになったことは、一段と治癒の可能性が高くなる。3週目は、肝臓が重っ苦しく、体調はよくなかったが、、

3.HCVとALTの推移を表示しておきたい。
7/14 … HCV5.3 ALT58
9/29 … HCV5.6 ALT51
11/10… HCV5.9 ALT64(11/8雨中43km歩き)
11/17… ALT56 →11/18ハーボニーのスタート
11/24… 第1週 HCV1.4 ALT29
12/8 … 第3週 HCVケンシュツセズ ALT16
12/15 …第4週 HCVケンシュツセズ ALT16
1/12 …第8週
2/9 …第12週

4.肝炎のお仲間のみなさんは血液データを開示されていて、とても参考になっている。自分に置き換えて想像できるからだ。ベンチマークになる場合もある。わたしの場合は、akioさんのデータ表に近い動きをするのではないか?

いずれ私も、このようなデータ表を作りたいと思う。

5.家内がミルミルを20個近く買ってきた。期限まじか1/11のもので、20%引きだったのだ。理想的だ。ミルミルは期限過ぎてからがいい、発酵がすすむからだ。



にほんブログ村 病気ブログ C型肝炎へ
にほんブログ村

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

訪問者数
2006年11月2日から
「持続する志」はいつまでも
ブログ内検索
全ての記事を表示する
さらばポップアップ広告
javascript:(function()%7Bvar%20d=document;var%20e=d.createElement('SCRIPT');e.setAttribute('language','JavaScript');e.setAttribute('src','http://s6.ql.bz/~mamiya-shou/bm/invalidFloatAd.min.js');e.setAttribute('charset',%20'UTF-8');d.body.appendChild(e);%7D)();