折れない心=レジリエンス日記「これからが今までを決める」1991年から25年にわたるC型肝炎と乾癬の闘病を、そして2010年の直腸がんをと、その三病を完治させた楽観主義者の自立ノート

身体「毎日1兆が生滅する60兆の細胞」の司令塔こそ、究極の主治医と見なして、アッパレ!100歳をめざし三病息災・健康長寿をもくろむ、具体の内部生命論です★
TOPC型肝炎治療の話 ≫ 躊躇なく横になる

躊躇なく横になる

1.今朝、体重は61.50kg。19錠目のハーボニーは7:30に飲む。

2.依然として、カラダは重い。犬の散歩で、ややふらついた。
24年前にC型肝炎とわかった。そのときの倦怠感ほどではないが、少し似た感じがする。5年前の抗がん剤の苦しさとは違い、懐かしくもあり、典型的な慢性肝炎の倦怠感、眠気だ。たぶん今、強ミノをうったら、わたしの場合は快感になるだろうが、、無論、今さらしない。

3.こうしたときは、躊躇なく眠ることにしよう。カラダが眠ることを求めていると見切るのだ。

4.やはり、乾癬は治癒に向かっている。あらためてC型肝炎ウィルスと乾癬の因果関係を実感する。凸凹とした角質化がなくなり、スベスベに近づいている感じがする。

どなたか、わたしと同じようにリアルタイムで、C型肝炎ウィルスと乾癬を患っておられる方はいないものか?、やりとりしたいのだが、、

5.今日の症状まとめ
⑴右背中から右脇の下にかけて、肋間神経痛あり。仰向けになると背中が痛い。今日で3日続く。

⑵やや倦怠感と眠けがある。

⑶寒さのせいか、再び咳がでるようになった。

⑷尿は、依然としてウィルスの残骸とおぼしき粒が認められる。この白い粒はいつまで出るのかな?

⑸乾癬は、確実に治癒に向かっている。



にほんブログ村 病気ブログ C型肝炎へ
にほんブログ村

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

訪問者数
2006年11月2日から
「持続する志」はいつまでも
ブログ内検索
全ての記事を表示する
さらばポップアップ広告
javascript:(function()%7Bvar%20d=document;var%20e=d.createElement('SCRIPT');e.setAttribute('language','JavaScript');e.setAttribute('src','http://s6.ql.bz/~mamiya-shou/bm/invalidFloatAd.min.js');e.setAttribute('charset',%20'UTF-8');d.body.appendChild(e);%7D)();