わが動的平衡とレジリエンスの思索日記

直腸がん、C型肝炎が完治し、これからが今までを決める、、という身の処し方を綴る
TOPC型肝炎治療の話 ≫ 今朝からハーボニー開始

今朝からハーボニー開始

1.2015年11月18日(水)7:45にハーボニーを開始、最初の1錠を飲んだ。すでに2時間たったが、頭痛などの自覚症状は何もない。今日は記念すべき日で、直腸がん手術日2010年5月25日(火)8:00と同じように、一生忘れない。

2.実は、昨日は一日中絶不調、37.4度の発熱があるなか国府台病院にいった。溝上先生は米国出張でおやすみ、A先生が担当された。
「先日のMRIの結果は、肝臓にがんは見あたりませんでしたので、、ハーボニーを始めることにしましょう。」
「ありがとうございます。ところが、実は今、37.4度あります。子どもがノロウィルスにかかり、それがどうやらうつったようです。明日の朝からハーボニーを始めようと思ってたのですが、どうしましょうか?」
「ノロウィルスとハーボニーが干渉し合うことはないのですが、嘔吐や下痢はハーボニーが出てしまいます、、こうしましょう、明日朝も今の状態が続き、嘔吐下痢が起こりそうでしたら、1週間ずらしましょう。そのときは連絡をください。8:30には病院にいますので。」
「了解しました。今は多少腹痛はありますが、日ごろ腸内環境を気にしていますので、このあと寝ていれば、明日は大丈夫だと思います。」と応え、7日分のハーボニーとロキソニンを処方してもらった。

3.国府台病院のハーボニーは分包してあり、それぞれ日付けが入っている。飲み忘れ防止の徹底である。

4.院内のデイリーヤマザキで、定番のきな粉揚げパンを食べる。すると、姉から連絡が、、入院している叔父が16日の夕ご飯のあと、誤嚥で亡くなった。そのとき付き添いはいなかったようだ。防げた事故だ。叔父みづからの予言通りになってしまった。もういいや、、という叔父の言葉が聞こえてくる。世間的には、この国の最高学府の名誉教授であり、栄達だったといえるが、内心はどうだったろう、、と。いろいろあったが、感謝の言葉を言っておきたかったな。

5.家に戻り、すぐ眠ると、20:30には38.8度まで上がった。頭にアイスノンをあてがう。薬はPLとロキソニンを4時間の間隔をあけて交互にのんだ。あまり汗はかかなかったが、今朝の体温36.7度になったし、嘔吐下痢は一度もなかった。わが腸内フローラに感謝、ありがたい、これでハーボニーを始められる。

「好事、魔多し」と、大事の前には魔が入るときく。そのことを実感した。

6.上記と全く関係ないが、六本木の心臓血管研究所付属病院は、初診の場合に、紹介状の有る無しで、診察料には変わりないと知った。すばらしい。普通は紹介状がないと、別途料金をとる。例えば武蔵野赤十字病院は5400円とられる。なんで調べたかというと、、先日亡くなった阿藤快さんの死因を聞いて、いずれ、一度は循環器内科に行こうと思ったからだ。

7.20時現在、37.2度の微熱と若干の咳がでる。午後、出かけたのがいけなかったかな?ハーボニーの副作用ではない。ノロウィルスの影響だろう。油断大敵。眠ることにする。



にほんブログ村 病気ブログ C型肝炎へ
にほんブログ村

Comment

まだ副作用があらわれません
編集
はじまりましたね さんへ

コメントありがとうございます。
まだ二日目ですが、
なにもダメージが身体に起きてきません。

肝臓が、さしこむような痛みを期待?
しているのですが、それもまだなのです。
これから、痛みは来ると思ってますが、

このまま4週間すぎたら、
体調はよくなる のでは?と思っております。

なので、酒は禁物ですね。実は、
明日の夜はお通夜、明後日は本葬ですが、
お酒はひかえます。絶対に、えぇ、、
2015年11月19日(Thu) 17:18
No title
編集
ハーボニーでウィルスを消すほうが、インターフェロン併用よりも肝臓を改善
させる力が強いようです。
海外の治験データーによると
チャイルドBだった人がハーボニーでウィルスを消すと3人のうち1人の割りで
4ヶ月でチャイルドAまで改善、さらには平均余命1年半のチャイルドCの人の
半分の人が4ヶ月でBやAへ改善したそうです。
AFPの落ち方もインターフェロン治療よりも早いし
兎に角良い事づくめ。
若葉の頃には美味い酒が飲めるでしょう。
大いに期待できますね

2015年11月19日(Thu) 14:44
マロさん、ありがとうございます。
編集
マロさんへ

同じ日に、ハーボニー開始と知り
わたしも、嬉しいです。

妙な言い方ですが、
一緒に手を携えて、
2月のゴールを目指しましょう。
2015年11月19日(Thu) 12:15
白髪猫さん、ありがとうございます。
編集
白髪猫さんへ

たぶん、、はじめまして。
拍子抜け、、全くその通りだと思いました。
あのインターフェロン併用療法の苦しみは
なんだったのでしょう、、

あと83日間、じっくり臨みます。
2015年11月19日(Thu) 12:10
第1週目の大切さ
編集
kunikuniさんへ

コメントありがとうございます。
溝上先生も言われましたので、
第1週は注意深く、自分の身体の
変化をチェックしようと思います。

ノロウィルスか感冒で、昨日も
微熱が出ました。
尿の白濁は確認できました。
わたしの場合は、あと乾癬の変化を
気にしています。

また、コメントで質問することがあるかと
思います。その節は宜しくお願いしますね。
2015年11月19日(Thu) 12:03
でこぽんさん、ありがとうございます
編集
でこぽんさんへ

応援のお言葉をくださり、
ありがとうございます。
まだ少し咳が出ます。
ノロウィルスなのかどうかは
不明ですが、今日あたりで治ると思います。

今のところ、
ハーボニーの副作用がなく、
あらかじめ聞いてはいても、
やはり驚きです。
2015年11月19日(Thu) 11:55
こんばんは~
編集
先週からもしかして・・・と思っていましたが、
予定通り治療を開始されたのですね。
私も、今日からハーボニーを始めました。
同じような遺伝子変異持ちですので、以前から、こちらのブログはよく拝見させていただいていましたが、まさか、同じ日に治療を始めることになるとは思ってもみませんでした。
同じ日と言うだけなのですが、なんだか嬉しくなりコメントさせていただきました。
これを機に、どうぞよろしくお願いします。m(__)m
2015年11月18日(Wed) 18:27
やっと
編集
おめでとうございます。
やっと始まりましたね。
わたしは2ヶ月先行しているのですが、ハーボニーはインターフェロンとくらべて、
拍子抜けするほど楽です。
私も25年来のC型だったのですが、もう少しでしがらみがきれてくれそうです。
山口さんもこれから3ヶ月間、今までにもまして健康的に暮らしてくださいね。
応援しています。
2015年11月18日(Wed) 18:08
No title
編集
こんばんは
山口つとむさん

本日から開始なのですね。
この薬は山口さんにずばりよく効くはずです。
ただし第1週目が非常に重要で
体調は整えておいたほうがいいですね。
インターフェロン治療のときのような
ガマン大会的要素はないのですが、
ベストコンデションで体内代謝を良くしたほ
うが副作用云々が問題にならなくて済み
、薬の効き目もいいのではないかと思います。
ではご健闘を祈ります。
2015年11月18日(Wed) 16:51
No title
編集
いよいよ開始ですね。
12週間は長いようで短い。
お子さんがいるとどうしても周囲から
ノロやインフルをもらって来てしまう事が多いですね。
体調が早く良くなりますように。
応援しています!
2015年11月18日(Wed) 15:01
ありがとうございます。
編集
さとちゃん さんへ

応援、ありがとうございます。
もう、、ハーボニーで、必ず治します。

24年という歳月がかかりましたが、
この薬によって、
「必ず」といえることは、
実に、、ありがたいことですね。

2015年11月18日(Wed) 12:08
編集
おはようございます
ここまでの道のり、色々あったことでしょう。
絶対治りましょう。治ります!!
応援しています。
2015年11月18日(Wed) 09:41












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

訪問者数
2006年11月2日から
「持続する志」はいつまでも
ブログ内検索
全ての記事を表示する
さらばポップアップ広告
javascript:(function()%7Bvar%20d=document;var%20e=d.createElement('SCRIPT');e.setAttribute('language','JavaScript');e.setAttribute('src','http://s6.ql.bz/~mamiya-shou/bm/invalidFloatAd.min.js');e.setAttribute('charset',%20'UTF-8');d.body.appendChild(e);%7D)();