わが動的平衡とレジリエンスの思索日記

直腸がん、C型肝炎が完治し、これからが今までを決める、、という身の処し方を綴る
TOP仕事と環境のこと ≫ 今月は不思議な月だった

今月は不思議な月だった

この9月は、仕事上の節目だった。以下、なんの脈絡もなく、断想を。

1.川島なお美さんが亡くなった。54歳、若い。胆管がん術後1年たったか、抗がん剤は、まず効かないことは知られている。昔、友人が少し?やりとりがあったなと思いだす。ワインのイメージがある。もう少し、その趣向を変えていたら、とよぎる。どんなに酒がつよくても、ほどほどにしないとダメージは歴然と訪れる、、これは、大げさかもしれないが、わが人生観だ。

2..朝は8:30すぎに家を出て、普通の歩きで8:40頃に到着する。通勤のストレスのなさは、ありがたい。見上げると、池袋行きの満員電車が見える。あの中にいなくていいことは、ささやかな幸せだ。

3..8月31日に応募し、9月2日に面接、9月7日から通い始めた。仕事は効率を求められる。キーパンチャーとしての自負心などなかったが、それも当然のような空気がある。けれど、そこにしっちゃ気にはならない。かといって浅い知識のひけらかしもしたくない。自分のポジション二ングは、自分の顧客を創ることだ。それこそが、ねらいだったのだから。後工程として、キチッとした会計事務所はあって欲しかった。その関係作りがホンネだ。

4.建設業、運送業、風俗業等の許認可がからむ会社が、わたしのターゲットと決めている。大きな会社でなくていい。連休中にお会いした社長は、つい最近、顧問契約をしてしまった、そこがダメになったらと約束した。消費税とマイナンバーを気にされていた。貸借対照表が苦手だと。。国はフローからストックに、収奪の目線を切り替えている。マイナンバーは名寄せであり、個人財産をガラス張りして、収奪のための橋頭堡をつくることがねらいだ。なので、個人も貸借対照表が大事なってくる、、そんな気がする。

5.25日の夕方、手渡しで所長から給料をいただいた。昭和に舞い戻ったようでもあり、さまざまな思いが去来し、驚いた。所長には、ジレンマがあることだろう。集客しないと。



にほんブログ村 病気ブログ C型肝炎へ
にほんブログ村

Comment

肝炎治療は免疫の回復に
編集
ひろまめさんへ

肝炎治療といっても、
わたしが知っているのは
C型肝炎治療のことだけですが、

例えばインターフェロンは人は自前で
分泌できるのですが、
人工的に大量投与することにより、
肝硬変の進行を遅らせ、
肝臓がんをできにくくさせますから
肝臓に対しては
免疫力アップの治療だと思います。

ただ、その投与によって、
わたしのように、皮膚に疾患を持つ人は
小さな割合で、いるようです。

まったく、乾癬の原因はさまざまですね。

でも、自分の疾患のメカニズムがわかれば、
必ず乾癬は治る病気だと確信しています。




2015年09月28日(Mon) 22:43
No title
編集
つとむさん!
今回ミルミル3週間分も買ってしまいました(笑
もうミルミルなしでは、生きられないw
つとむさんも腸は変形されていたのですか!?
ってか、日本人って、8割くらいそうみたいですね。
私が特別!って思いたかったし、乾癬はそのせいだー
なんて、こじつけたかったなぁ(笑 んなわけないけど(苦笑

ブログをすべて拝読してないので、二重になったらすみません。
肝炎治療は、やはり免疫治療にもなるのですか?
一時期、強力ミノファーゲンを打っていたのですが、
今は、プラセンタ注射が手軽なので、そちらに切り替えました。
(美容外科で打ってもらえるので)
どちらも肝臓に良い注射のようですが、作用が全然違いますし
免疫とは無関係のものですが・・・ 乾癬に効くとか?
そのようなことは、ご存知ないですよね?
いつも沢山の情報や近況を感謝です!
2015年09月28日(Mon) 17:41
大腸の変形
編集
ひろまめさんへ

お久しぶりです。
無事にポリープが除去できて、
よかったですね。

大腸は、私も変形しています。
人体図のような、整った大腸は
あまりないと、わたしの内視鏡の医師 は
言っておりました。

友人で、入院中にポリープ除去と
脱腸の手術をやった人がいましたが、
脱腸手術の方が、大変だったと
言っていました。

わたしの乾癬は、少し悪化しています。

けれど、新しいC型肝炎治療を始めたら、
たぶん好転すると思います。

その治療は3ヶ月かかりますが、
中盤で、乾癬がよくなるように
したいと思っています。

ではまた、、そうだ、

ミルミル飲んでくださいね


2015年09月26日(Sat) 22:14
No title
編集
どうも!ひろまめです!
大腸ポリープ除去おわりました。
一応良性のようです。
ただ、生まれつきの大腸の変形が発見され、
どうりで内視鏡中に、激痛が走るわけだ。ということがわかりました。
色々調べたら、たけしの番組で何年か前に特集され大反響だったみたいです。
つとむさん、ご存知かも。
落下腸とかねじれ腸とか言うみたいです(医学用語ではないですが)

これらと乾癬が関連してるかも!などと期待したのですが
その後も、乾癬は健在というかむしろ悪化です^^;

腸はかなり乾癬に関連しているのは事実かと思うのですが、
やはり免疫疾患という線が強いのかなぁ。
はたまた、なんか最近では、ほんとうに皮膚の表面、表皮の部分で起きている
ことなので、単純に皮膚だけの問題?なのかなぁ。とか色々考えました。

が、脳はバカなんだな。ということもすっごくわかったので(苦笑
これからは色々なことは、お腹に聞いていこうと決めました(笑
私のことを、ツラツラと失礼しました。

今月は色々あられたようですね^^
体調はいかがですか?
2015年09月25日(Fri) 09:20












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

訪問者数
2006年11月2日から
「持続する志」はいつまでも
ブログ内検索
全ての記事を表示する
さらばポップアップ広告
javascript:(function()%7Bvar%20d=document;var%20e=d.createElement('SCRIPT');e.setAttribute('language','JavaScript');e.setAttribute('src','http://s6.ql.bz/~mamiya-shou/bm/invalidFloatAd.min.js');e.setAttribute('charset',%20'UTF-8');d.body.appendChild(e);%7D)();