わが動的平衡とレジリエンスの思索日記

直腸がん、C型肝炎が完治し、これからが今までを決める、、という身の処し方を綴る
TOP家族と飼犬のこと ≫ 家族の肖像

家族の肖像

7月に家族の似顔絵をかいてもらった。雰囲気は出ているが、還暦のわたしは似てない、ほうれい線がない。


8ヶ月になる次女は、ハイハイにとどまらず、つかまり立ちをしはじめた。少し離れたところから名前を呼ぶと、振り向き、わたしの目を見つめてくる。その名前が自分のこととわかっているとしたら、なんとも不思議なことだ。

先日、陽射しが照りつけるなか、玄関先でビニールプールを広げて水遊びをしたとき、声を上げてバタバタとはしゃぎ出した。

次女にとって、世界は母親であり、徐々に長女やわたしやコーギーが、自分の世界に入ってくる。著しい成長。抽象的だが日々、自分の世界の内と外、その境界の「意味の変容」が目まぐるしく、起きているに違いない。



にほんブログ村 病気ブログ C型肝炎へ
にほんブログ村

Comment

標的の違い
編集
akioさんへ

ゲノム編集のこと、とりわけ
HPVは標的が細胞であるためゲノム編集が
できないことを教えてくださり、ありがとうございます。

録画したNHKの番組をみながら、あらためて
akioさんの説明を読んでみました。
なんだか頭の中が整理された感じがして、
何度も、うなづいておりました。

Newtonの記事を読んだら、あらためて
ゲノム編集をブログに取り上げてみたいと思います。


2015年08月15日(Sat) 05:07
ゲノム編集!
編集
山口さん、こんばんは!
似顔絵は写真を元に描かれたのですか。
いずれにせよ、とっても素敵な絵ですよ~♪

検索の件、そうなんです!
私の名前は少ないのでgoogleで簡単にヒットします。
いや~、悪いことはできませんね。
エッセイに書いた親友とは、今もよく会います。
とてもとても大切な親友なんですよ。

ゲノム編集の番組とは、先日のクローズアップ現代ですね。
私も見ましたが、山中先生も絶賛されていましたね!
http://www.nhk.or.jp/gendai/kiroku/detail02_3694_all.html

番組でHIV治療の話がでましたが、残念ながらHPVは同様にはできません。
その理由は、HIVの標的細胞がリンパ球なのに対して、HPVの標的は子宮頚部の細胞だからです。
HIVの場合はリンパ球を取り出したのちに、HIVが結合できないようにリンパ球にゲノム編集処理を行い、その後、体に戻しています。それができるのは、リンパ球が血液系の細胞だからです。一方、HPVの標的は体細胞のため、体外に取り出してゲノム編集処理をすることができません。
また、人体内の細胞に直接ゲノム編集することは、今の技術ではできません。
HPVの場合は、基本はワクチン予防と、持続感染の場合は定期健診だと思います。

最近、ゲノム編集のことをよく見かけます。
雑誌Newtonの2015年7月号124頁にゲノム編集の記事が載っています。
ゲノム編集技術の特徴がわかりやすく書かれているので、ご覧ください。
http://www.newtonpress.co.jp/newton/back/bk_201507.html
ではまたね~♪
2015年08月13日(Thu) 22:47
素材は写真でした。
編集
akioさんへ

コメントくださり、
ありがとうございます。
似顔絵を描く方に、わたしと長女は
写真を見て、描いてもらいました。
なので、いろいろ見落としがあるんだな
と思いましたね。

そういえば、akioさんのこと
検索しましたら、博士課程に進むことを
決められた経緯のエッセイを読みました。
ちゃんと目的を達成されておられることに
敬服しました。

それと、「ゲノム編集」ということを
NHKで知りました。
HIVも治癒できるように思いましたが、
ゲノム編集は、子宮頸がんのHPVについても
研究が進んでいるのでしょうか?
何かご存知でしたら、教えてください。



2015年08月13日(Thu) 18:50
いい絵ですね~♪
編集
山口さん、こんにちは~♪
いや~、とても素敵な似顔絵ですね~!
ご家族の暖かさがあふれ出ていて、
見ていて嬉しくなっちゃう素敵な絵です!

山口さんは、もっと精悍なイメージですが、
ほんわかイメージに描かれたのでしょうね。
家宝にしてもいいくらい!
ではまた~♪
2015年08月13日(Thu) 10:46












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

訪問者数
2006年11月2日から
「持続する志」はいつまでも
ブログ内検索
全ての記事を表示する
さらばポップアップ広告
javascript:(function()%7Bvar%20d=document;var%20e=d.createElement('SCRIPT');e.setAttribute('language','JavaScript');e.setAttribute('src','http://s6.ql.bz/~mamiya-shou/bm/invalidFloatAd.min.js');e.setAttribute('charset',%20'UTF-8');d.body.appendChild(e);%7D)();