わが動的平衡とレジリエンスの思索日記

直腸がん、C型肝炎が完治し、これからが今までを決める、、という身の処し方を綴る
TOP生老病死と汎生命論 ≫ 中山法華経寺周辺の散策

中山法華経寺周辺の散策

2015年7月7日に散歩したことを1年遡りで書いている。

1.国府台病院からの帰り、曇り空のなか、中山法華経寺に行った。中高年の街歩きが目につく。山門、塔中、祖師堂など、日蓮宗に共通する伽藍とわかった。

2.日蓮に対する尊称がバラバラで、違和感があったし、稲荷神社みたいのもあった。

3.この寺は荒行が修行法になっていた。大聖人の如説修行ではない。

4.賛同できたのは、ただ一点。天災から大聖人の真筆を護るための厳重な塔を昭和6年に建立していたことだ。正しい。これはタイムカプセルにちがいない。

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

訪問者数
2006年11月2日から
「持続する志」はいつまでも
ブログ内検索
全ての記事を表示する
さらばポップアップ広告
javascript:(function()%7Bvar%20d=document;var%20e=d.createElement('SCRIPT');e.setAttribute('language','JavaScript');e.setAttribute('src','http://s6.ql.bz/~mamiya-shou/bm/invalidFloatAd.min.js');e.setAttribute('charset',%20'UTF-8');d.body.appendChild(e);%7D)();