わが動的平衡とレジリエンスの思索日記

直腸がん、C型肝炎が完治し、これからが今までを決める、、という身の処し方を綴る
TOPC型肝炎治療の話 ≫ 次のステップは8月末とみた

次のステップは8月末とみた

1.ギリアドは、7月3日ハーボニーの製造販売承認を取得したと、自社サイトに公表した。意外だった。了承から1週間かかったことが。

2.次のステップは、たぶん8月26日水曜日に開かれる中医協の薬価の審議?になる。そのあとは8月31日と予測する肝炎治療戦略会議だ。

3.国立研究開発法人国立国際医療研究センター肝炎免疫研究センター(千葉県)教授溝上雅史先生(医師、医学博士)は、次のように述べておられる(バンバンさんの記事から転載)
「ハーボニー®の承認は、国内のC型慢性肝炎治療を大きく進展させるものです。ハーボニー®は、患者さんによっては投与が困難で忍容性も低い場合のあるインターフェロンとリバビリンの投与を不要とし、ジェノタイプ1型のC型慢性肝炎患者さんの多くが1日1回1錠の経口剤による12週間の投与での治療が可能となります。」と。

4.わたしは7月7日に溝上先生の診ていただくことにした。C型肝炎が治ったあとこそメンテナンスが大切になると分かっているからだ。ちなみにakioさんが記事にされて知ったNewton8月号のP36〜37は画期的な図像であった。わたしを長年苦しめてきたウィルスの機序はこうだったのかと慨嘆し、ずっと見続けてしまう。そしてP39記事の締めくくりはこう書かれている。記事全体は小俣政男先生の協力による。
「ウィルスを駆除すると、肝炎の進行は止まる。しかし、まだそれまでに蓄積した細胞内の遺伝子異常は残っている。つまり、肝がんになるリスクはまだ高いままなのだ。繊維は、ウィルスの駆除後、何年もかけてゆっくり減少していき、それとともに肝がんのリスクも下がっていく。もの言わぬ肝臓にかわり、肝臓の繊維化の状態をチェックし続けることが重要なのです。」

4.よもや、もうないと思うが仮に、7月に入ってから24週を要する「ダグラ/アスナ」のインターフェロンフリー治療をする場合、12月中旬に終了となる。これに対して、ハーボニーが9月上旬から治療開始した場合、12月上旬には終了することになる。
果たしてそれでも「ダグラ/アスナ」治療をされる方はおられるのだろうか、、
治療期間と薬剤耐性リスクを踏まえると、
それを薦める医師がいるとしたら、
何度でも言う、それはゆるし難い誘導だと。



にほんブログ村 病気ブログ C型肝炎へ
にほんブログ村

Comment

そうです、決めました
編集
akioさんへ

今日かかりつけの先生に紹介状を書いていただきましたので、
7日に溝上先生のもとにうかがいます。

ウィルス駆除のとどめは、
もっとも信頼できる先生がいいと決めたのです。
選択ではなく、運命的な決断です(笑)

Newtonの紹介、ありがとうございました。
この雑誌、知ってはいましたが、
初めて買いました。
あのウィルス機序のページを
カラーコピーしたかったので。
それにしても感慨深い図説でした。
あの動きが、超ひっきりなしに起きている
わけですね。9月の肝臓病教室のときに、
akioさんに初歩的な質問をさせていただきます。

ジグゾーパズルは、
今度はジブリのものをやりそうです。

ではまた、、
2015年07月05日(Sun) 23:17
No title
編集
山口さん、こんばんは~♪
おぉ! とうとう溝上先生の受診を決められたのですね。
国府台病院は治験実施病院ですから、発売後早い時期に治療可能になるでしょう。

Newtonの記事の小俣先生の言葉のとおり、治癒後の肝がん検診は大切です。一般に完治後3~5年すれば発がんリスクは下がると言われますが、それでも一般人よりは発がんリスクは高いです。小俣先生が言われる通り、肝細胞に遺伝子変異が蓄積しているからです。たとえ3~5年して肝臓がすべて新しい細胞に置き換わっても、遺伝子変異は新しい肝細胞に受け継がれるのですね。

肝がんチェックは大切ですね。それは私にも言えることです。
ではまたね~♪

ps 
お嬢さんはジクソーパズルファンですか! 
私もファンなので、お嬢さんの気持ちがよくわかる~♪
2015年07月05日(Sun) 19:07












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

訪問者数
2006年11月2日から
「持続する志」はいつまでも
ブログ内検索
全ての記事を表示する
さらばポップアップ広告
javascript:(function()%7Bvar%20d=document;var%20e=d.createElement('SCRIPT');e.setAttribute('language','JavaScript');e.setAttribute('src','http://s6.ql.bz/~mamiya-shou/bm/invalidFloatAd.min.js');e.setAttribute('charset',%20'UTF-8');d.body.appendChild(e);%7D)();