折れない心=レジリエンス日記「これからが今までを決める」1991年から25年にわたるC型肝炎と乾癬の闘病を、そして2010年の直腸がんをと、その三病を完治させた楽観主義者の自立ノート

身体「毎日1兆が生滅する60兆の細胞」の司令塔こそ、究極の主治医と見なして、アッパレ!100歳をめざし三病息災・健康長寿をもくろむ、具体の内部生命論です★
TOP健康と病いのこと ≫ 朝の食事は

朝の食事は

1.5月18日の肝炎治療戦略会議から今日で、25日目だが、まだ東京都福祉保健局のサイトには、2型の助成案内は出ていない。

2.このところ朝起きると
①市販の野菜ジュースを飲み
②ドリップコーヒーを飲む。
③あとは、パスコのらい麦パンに
きな粉をバターかわりに敷きつめ、
その上に、タマネギのスライスと
パセリとか、大葉とか、緑の野菜と
トマトを細かくして載せ、オリーブ油をかけ
さいごにチーズをかけて、トーストにして
食べている。ありきたりだが、美味い。

④コーギーの散歩から戻ると、
ヤクルトのミルミルを口に含み、
竹すみをスプーンですくい、
顔を上に向けて口の中に落とし込む。
はずすと口のまわりがスミで真っ黒になる。
そして最後に亜麻仁油をスプーンでとって
舐めるように口にふくむ。

あまり美しい食べ方ではないが、
薬を飲むのと似た感じて、毎朝励行している。

糖質制限はしていないし、
グルテンも気にしない。つまりエドガー ケーシーの食事療法を、無視している。

ただただ、わが腸内フローラを磨き上げることに
意識を集中させたい。丹田の意志を尊重する食事法。

さて、皮膚や体調は、どうなるか?

3.今週の読書
群ようこ「ゆるい生活」朝日新聞出版 2015年
白石一文「神秘」毎日新聞社 2014年



にほんブログ村 病気ブログ C型肝炎へ
にほんブログ村

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

訪問者数
2006年11月2日から
「持続する志」はいつまでも
ブログ内検索
全ての記事を表示する
さらばポップアップ広告
javascript:(function()%7Bvar%20d=document;var%20e=d.createElement('SCRIPT');e.setAttribute('language','JavaScript');e.setAttribute('src','http://s6.ql.bz/~mamiya-shou/bm/invalidFloatAd.min.js');e.setAttribute('charset',%20'UTF-8');d.body.appendChild(e);%7D)();