わが動的平衡とレジリエンスの思索日記

直腸がん、C型肝炎が完治し、これからが今までを決める、、という身の処し方を綴る
TOPその他、諸事雑感 ≫ 「まちの保育園」松本理寿輝さんと立ち話

「まちの保育園」松本理寿輝さんと立ち話

晴れたり曇ったりの天気だったが、風が冷たい日だった。

1.昼近く、小竹向原に近い「まちの保育園」が、園庭開放されていたので、家族4人で見に行ってみた。今年4月から練馬区の認可保育園になり、園児70人の枠で、入園希望する親は多く、その倍率は飛び抜けて高い。以前「孤独のグルメ」で取り上げられた「まちのパーラー」と隣接している。入った途端に、小学4年の長女が「ここはいい、妹のお迎えはわたしがして上げる」と絶賛し出した。

2.代表の松本理寿輝(まつもと りずき)さんは35歳、お若い。以前朝日新聞で取り上げられていて知った。またわたしの高校のときの友人である廣澤康正さんが仕事で取材したようで、ラインで教えてくれてもした。

3.初対面だったがズケズケ松本さんに、ご自分の経験されたことを講演されたことはありますか?とたずねたら、依頼があればしている、ただ、練馬区ではまだ話はしたことはない、と応えられた。
それはもったいないと思い、武蔵大の髙橋教授に引き合わせてみようと、その場で決めた。ひとは会うべき人と出会う、、そのサポートをかって出た次第。そういうお節介って、愉快で楽しいものだ。

4.先ほど、以下のメールを武蔵大学の髙橋教授に送った。さて、結果はどうなるか

ご無沙汰しております。昨年クリーフの松井穣さんをご紹介した山口つとむです。

早速ですが、小竹向原の近くに以下の「まちの保育園」があります。今年4月に練馬区の認可保育園になったばかりですが、役員に乙武洋匡さんが入っていたり、朝日新聞などで取り上げられており有名。また入園の点数は飛び抜けて高いところです。

昨日、その園庭解放があり、家族で見学に行きました。小学4年の長女は「ここはいい」と絶賛しておりました。

初対面でしたが、保育園の代表である松本理寿輝さんにご挨拶しました。30代のお若い方で、未来性のある輝きを感じました。

練馬区で講演したことは?とおたずねしたら、「まだありません」と応えられました。

そこで、僭越なことですが、武蔵大のコミュニティビジネス講座のお話をして、是非、練馬区民にお話ししていただけないかと、持ちかけました。

タイミングの問題はあるかと思いますが、一度、松本理寿輝さんとお話ししていただけないでしょうか?

髙橋先生のご都合に合わせて日程調整いたしますので、是非ご検討ください。

参照
まちの保育園

追記、すると昨日のうちに、髙橋教授より次の返信があった。こちらこそ、ご無沙汰しています。
「貴重な情報をありがとうございます。早速検討させていただきます。松井さんとは今も時々連絡を取り合っています」という内容だった。



にほんブログ村 病気ブログ C型肝炎へ
にほんブログ村

Comment

保育園の方針
編集
akioさんへ

コメントありがとうございます。
松本園長、、そう呼んでいない感じでしたが、
明るい若者でした。こういう方が幼児とともに生活する保育園はいいな、と素朴に思いましたね。これからの日本の社会はきっと良くなる、、なと。
2015年06月08日(Mon) 15:57
保育園は大切!
編集
山口さん、こんばんは~♪
まちの保育園、前向きに取り組んでいますね!
子供には保育園の記憶はほとんど残らないけど、
でも子供の心の成長に、保育園の方針は大きな影響を与えると思います。
息子の保育園の先生方も、とても素晴らしい方で、とても感謝しています。

お姉ちゃんが太鼓判を押すなら、ちびちゃんはここに通うかな?
ではまた~♪
2015年06月07日(Sun) 22:54












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

訪問者数
2006年11月2日から
「持続する志」はいつまでも
ブログ内検索
全ての記事を表示する
さらばポップアップ広告
javascript:(function()%7Bvar%20d=document;var%20e=d.createElement('SCRIPT');e.setAttribute('language','JavaScript');e.setAttribute('src','http://s6.ql.bz/~mamiya-shou/bm/invalidFloatAd.min.js');e.setAttribute('charset',%20'UTF-8');d.body.appendChild(e);%7D)();