わが動的平衡とレジリエンスの思索日記

直腸がん、C型肝炎が完治し、これからが今までを決める、、という身の処し方を綴る
TOPC型肝炎治療の話 ≫ シメプレビル三剤と乾癬治療戦略

シメプレビル三剤と乾癬治療戦略

1.ちょうど1年前、2014年6月3日からシメプレビルとペグリバ三剤療法を開始した。武蔵野赤十字病院の場合、プロトコルで1週間の入院を告げられていたが、無理を言って4日間に短縮した。が、あらためてプロトコル通り1週間入院しておけばよかったと思っている。

2.初日の夜から38度を超える発熱。闘いの火ぶたが切られたことを実感した。これからウツが始まるのか、と。「すごくいい発熱ですね」て担当A医師が言っていたな。

3.発熱もさることながら、その頃が右半身の腫れがピークにきていた。みぎの足裏が腫れていて、歩行がやや辛かったし、右手と手首が腫れていて、ものを握るのも難儀だったし、背中の右半分が腫れていると鍼灸師に言われていたのだ。握手なんてとんでもない。

4.なんとなくこの症状はC型肝炎ウィルスから来ている乾癬性関節炎では、と予感していた。図星だった。4日後の退院のときは、歩行はだいぶ楽になっていたのだ。当面はC型ウィルスが消えなくても、右半身の腫れがひくなら良しとしようと腹を決めた。

5.作家の村上龍がこんな話しをしていた。
「一コマ漫画で、パン食い競争というのが好きだ」という。「スタートラインに立った何人かの内、一人だけポケットにバターを忍ばせて走ろうとしていた。競争する人たちと違い、ねらいはおいしくパンを食べることにあった」と。

➡わたしのシメプレビル三剤併用療法も、C型ウィルスの排除という長距離レースみたいなものだが、別途、乾癬治療を当て込んでいた。一コマ漫画に通じるものを感じた。それは、インターフェロンがないとできない乾癬治療戦略だった、インターフェロンフリーになったら、もう使えなくなるのだ。さしづめバターにあたるのは、公費医療券かもしれない。その治癒の機序は医者にわからないだろう。わたしの中の60細胞の司令塔、内部生命の主治医だけが知っている。

6.尿がやたら褐色になっていく。60兆細胞に変容をもたらしているなと感じた。

7.この病院は医療事務の人たちが多い感じがして、その人の動線に無駄が多い。また、エコーの検査技師はおざなりで真剣さに欠ける印象をもった。

8.副院長の泉先生は別格として、他の医師で遺伝子レベルの対話をできる人は何人いるのだろう。担当A医師の場合、好中球数だけチェックしていただけで、フェリチンのことなど診察の中で、話題にはならなかった。

ともあれ、ハーボニー治療に対する武蔵野赤十字病院のプロトコルはどうなるだろうか?入院の有無が気になる。



にほんブログ村 病気ブログ C型肝炎へ
にほんブログ村

Comment

賞味期限10日後のミルミル
編集
ひろさんへ

やっぱし、そうでしたか、、
乾癬患者を癒せる医者はあきらめましょう。

賞味期限の10日後のミルミルは、想定外でした。
時間をかけて出来上がる発酵玄米のイメージと重なり、
たいへん啓発されました。試しに一度やってみます。

乾癬写メ、今月中に載せます。ではまた


2015年06月09日(Tue) 14:10
No title
編集
わたしの乾癬というか、きっと世の中の乾癬患者さんを理解して下っている医師なんて
いないですよねぇ^^;

そして、私も、腸内環境と、そして免疫に根源あり。
そう信じます。
表面だけの物。単にターンオーバーが人よりも早い。
だからステロイドの副作用も少ない。
だから、ジャンジャン塗りなさい。大丈夫だから。
って、理論的には合っているのかもしれないけれど、
それを信じて行った結果、ひどいリバウンドに苦しんだ時期もあったし。

あ!ミルミル飲んでます!
うちの方のヤクルトの方いわく、
「ミルミルは、賞味期限すぎて10日後くらいが、すごいわよ!プロバイオが!!」
とのこと(笑
いいのか?こんなこと、言っちゃって(笑 って思いましたが、
ミルミル、少し期間おいてみるか(笑

乾癬写真、拝見できるのなら参考にさせていただきます!長々失礼しました。
2015年06月09日(Tue) 11:14
コメントありがとうございます
編集
ひろさんへ

自治医大の皮膚科の先生は、
ひろさんの乾癬を理解されていますか?

わたしは、リスペクトできる皮膚科医に
会ったことがありません。

イメージですが、乾癬って副次的に派生するものの
ように思えています。
乾癬治癒の根本は腸内にあるという仮説を信じています。
腸内フローラ、善玉2:悪玉1:日和見7にすることが
当面の目標です。ただ、確認できないのが残念です。

近いうちに乾癬写真をUPしたいと思います。
ではまた、
2015年06月05日(Fri) 15:36
No title
編集
村上龍さんの本。最近読んでないなぁ。
と、ズレたコメント^^;

私は自治医科大学に通ってます^^;
2015年06月05日(Fri) 10:37












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

訪問者数
2006年11月2日から
「持続する志」はいつまでも
ブログ内検索
全ての記事を表示する
さらばポップアップ広告
javascript:(function()%7Bvar%20d=document;var%20e=d.createElement('SCRIPT');e.setAttribute('language','JavaScript');e.setAttribute('src','http://s6.ql.bz/~mamiya-shou/bm/invalidFloatAd.min.js');e.setAttribute('charset',%20'UTF-8');d.body.appendChild(e);%7D)();