折れない心=レジリエンス日記「これからが今までを決める」1991年から25年にわたるC型肝炎と乾癬の闘病を、そして2010年の直腸がんをと、その三病を完治させた楽観主義者の自立ノート

身体「毎日1兆が生滅する60兆の細胞」の司令塔こそ、究極の主治医と見なして、アッパレ!100歳をめざし三病息災・健康長寿をもくろむ、具体の内部生命論です★
TOPC型肝炎治療の話 ≫ 祝!ハーボニー承認

祝!ハーボニー承認

1.祝報!今朝のakioさんのブログで、ハーボニーの承認の決定を知らせておられた。やっぱりakioさんの収集力はすごい。これで完全に、ハーボニーは滑走路に入った。後戻りはしない。あとは三ヶ月後、8月末に離陸、飛翔するだけだ。

厚生労働省の薬事・食品衛生審議会医薬品第二部会は28日、ギリアド・サイエンシズが申請した、ジェノタイプ1型の経口C型慢性肝炎治療薬「ハーボニー配合錠」(一般名=レジパスビルアセトン付加物/ソホスブビル)の承認を審議し、了承した。再審査期間は8年。2015年2月現在で、欧米を含む34カ国で承認済み。早ければ6月末ごろにも承認され、8月に薬価収載される見込み。

2.医薬品第二部会は27日の夜、非公開で行われた。昼間ではないところに利権のうごめくものを感じさせる。

3.これであとは薬価収載の中医協の会議日程が固まれば、肝炎対策戦略会議の日程も各委員に打診されるだろう。
6月承認の後、たぶん8月26日の薬価収載、8月31日の肝炎対策戦略会議のよみは当たるだろう。

なので、1型みなさん、今日から九日おきに、カウントダウンしましょう。

追記、akioさんから、間違いを指摘するコメントをいただいた。
抜粋し、以下にかかげる。

実は今回の薬審の決定は「承認」ではありません。「承認」するのは厚労省です。
薬審は偉いお医者様たちの会議で、そこで「承認してもいいよ!」と「承認を了承」したのです。
まぎらわしい表現ですね。

ところで夜に開かれる理由は、偉いお医者様たちの会議だからです。
皆さん本当にお忙しいので、夜じゃないと集まらないのです。たぶん、利権じゃないです。


ナルホド、、
今後の予定も、単なる思い込みなので、話半分で見ておいてください。



にほんブログ村 病気ブログ C型肝炎へ
にほんブログ村

Comment

素人には定義が難しい
編集
一薬剤師さんへ

ご指摘ありがとうございました。
とても明解、よくわかりました。
素朴な疑問が解決しました。

> 中医協で薬価が決まる(了承のこと)→ 戦略会議→ 薬価収載→ 発売
> という順番はいつもと同じです。
> 収載日は、中医協当日ではありません。
>
> ダクラ/アスナは
> 中医協で薬価了承 8/27
> 戦略会議 9/1
> 薬価収載日 9/2
> 発売 9/3
> でした。

わたしは、どうやら
薬価収載と薬価了承を一緒と考えて
おりました。

ご指摘を踏まえて、勝手なスケジュール予想をすると、
ハーボニーの
中医協の薬価了承が8月26日 水曜日
戦略会議が8月31日 月曜日
薬価収載および販売は9月1日以降
と見込むことにします。

ハーボニーの助成を待つ身としては、
戦略会議の日程が、一番重要な日となりますので、
8月31日を、そのまま押すことにします。
所詮、勝手な予想ですし。

重ねて、ありがとうございました。



2015年06月04日(Thu) 21:13
No title
編集
すいません、戦略会議を傍聴した者です。
室長が言われたのは、
「薬価収載」されることが決まったら、ということです。
つまり、
「薬価が決まったら速やかに」と仰ったのです。
ですから、
中医協で薬価が決まる(了承のこと)→ 戦略会議→ 薬価収載→ 発売
という順番はいつもと同じです。
収載日は、中医協当日ではありません。

ダクラ/アスナは
中医協で薬価了承 8/27
戦略会議 9/1
薬価収載日 9/2
発売 9/3
でした。
発売日は、収載日の翌日とは限りません。
ソバルディは、収載日5/20、発売 5/25でした。

どちらにしても、発売される日が待たれますでしょう。

2015年06月04日(Thu) 20:34
匿名の訂正
編集
上記のコメントは
山口つとむが書きました。

いま、ブログにログインができないので
このコメントで訂正します。
2015年06月03日(Wed) 11:03
推測の根拠
編集
akioさんへ

「薬価収載の了承」なのかどうか、、
新聞記者に話すことを聞いていたのは、
「薬価収載後、すみやかに戦略会議を開く」と
室長はおっしゃっていたと、記憶してます。

再燃患者には、最大の関心事ですので、
しっかり、そう聞いたのです。

さらに、ダクラ/アスナの場合、議事録では
中医協の薬価収載が、2014-8-27水曜日
肝炎治療戦略会議が、2014-9-1月曜日
に実施、承認されたと理解してますので、

これと同様であれば、ハーボニーは
中医協の薬価収載が、2015-8-26水曜日
肝炎治療戦略会議が、2014-8-31月曜日
になるのでは、、

と思い込んでおります。
さて、どうなることやら、、

2015年06月03日(Wed) 11:00
No title
編集
山口さん、こんばんは~♪
おや、「薬価収載が決まったら、すみやかに」と室長さんが言われたのですか。
でも、今まで肝炎の新薬は、医療費助成の決定後に薬価収載されていました。
もしかしたら、その「薬価収載が決まったら」とは、
中医協の「薬価収載の了承」かもしれません!
またまた紛らわしい表現!

八橋先生の講演会、とても素晴らしかったようですね!
今度お会いする時に教えてくださ〜い!
ではまた~♪
2015年06月02日(Tue) 22:30
記憶によると、
編集
akioさんへ

なるほど、承認を了承したら、ですね。
あとで、訂正します。
というのは、今、このブログにログインできないのてす。

また今後の日程ですが、記憶によると、
肝炎治療戦略会議のとき、厚労省の室長が新聞記者たちに、
「暑い盛りが終わった頃」また
「薬価収載が決まったら、すみやかに」
戦略会議を開きます、、みたいなことを言っていたのです。
しかし、ご指摘のとおりならば、わたしの聞き違いかもしれませんね。
でも、戦略会議は8月かり9月上旬だと思っております。

それと、31日にイイノホールで行われた、
八橋先生の講演を聴いてきました。大収穫でした。
そのことは、またあらためて。

2015年06月02日(Tue) 10:04
ハーボニー♪
編集
山口さん、こんばんは~♪
「ハーボニー」情報を紹介くださりありがとうございます!
ちょっとコメントさせてくださいね。

実は今回の薬審の決定は「承認」ではありません。「承認」するのは厚労省です。
薬審は偉いお医者様たちの会議で、そこで「承認してもいいよ!」と「承認を了承」したのです。
まぎらわしい表現ですね。

ところで夜に開かれる理由は、偉いお医者様たちの会議だからです。
皆さん本当にお忙しいので、夜じゃないと集まらないのです。たぶん、利権じゃないです。

6月承認のあとは、肝炎治療戦略会議で医療費助成を決めてから、薬価を収載します。
肝炎治療戦略会議が8/31だとすると、薬価収載は9月になるかも。
もっと早くひらいてくれないかな!

では、6/13にお会いしましょう~♪
2015年06月01日(Mon) 21:25












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

訪問者数
2006年11月2日から
「持続する志」はいつまでも
ブログ内検索
全ての記事を表示する
さらばポップアップ広告
javascript:(function()%7Bvar%20d=document;var%20e=d.createElement('SCRIPT');e.setAttribute('language','JavaScript');e.setAttribute('src','http://s6.ql.bz/~mamiya-shou/bm/invalidFloatAd.min.js');e.setAttribute('charset',%20'UTF-8');d.body.appendChild(e);%7D)();