わが動的平衡とレジリエンスの思索日記

直腸がん、C型肝炎が完治し、これからが今までを決める、、という身の処し方を綴る
TOP乾癬治療の思索行 ≫ 乾癬の現状

乾癬の現状

先月27日(水)は、武蔵野赤十字病院で皮膚科の診察も受けた。

M医師は背中の乾癬を診て、引き続き塗り薬を処方してくれた。正確には、こちらの要望とおりに、処方してくれた。ドボネックスと を前回同様に150gの処方だったが、その薬価が高いことをよくわかっていなかった。ロキソニンその他の薬代を含めると9,220円。5千円くらいと思っていたので、驚いた。前回までは肝炎治療の副作用として公費だったので、意識していなかった。

かくなる上は、もうこれで乾癬治療は終わりさせよう。そこまで治癒させよう。

2.乾癬の現状は、
①顔の乾癬は消えた。赤みもない。
②後頭部の髪の生え際が、赤みとかゆみがある。
③身体の正面は、胸に二カ所、腹に二カ所、赤みがある。
④もっとも乾癬が出ている部位は背中である。

追記、6月4日現在、最も乾癬らしい部位は、
背中ではなく臀部、お尻から膝になっている。しかし、これも薬をあと1週間ぬりつづければ治癒するだろう。乾癬克服の日は近い。

3.乾癬治療の対策は、月並みだが、塗り薬を徹底させることだ。
塗ることを励行し、1週間たった現在、乾癬はかなり治ってきている。



にほんブログ村 病気ブログ C型肝炎へ
にほんブログ村

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

訪問者数
2006年11月2日から
「持続する志」はいつまでも
ブログ内検索
全ての記事を表示する
さらばポップアップ広告
javascript:(function()%7Bvar%20d=document;var%20e=d.createElement('SCRIPT');e.setAttribute('language','JavaScript');e.setAttribute('src','http://s6.ql.bz/~mamiya-shou/bm/invalidFloatAd.min.js');e.setAttribute('charset',%20'UTF-8');d.body.appendChild(e);%7D)();